レビュー

549ドルのGeForce GTX TITAN対抗馬「Radeon R9 290X」をベンチマーク

 AMDは10月24日、先日発表したRadeon R9 シリーズの最上位モデル「Radeon R9 290X」の仕様を公開した。この仕様公開に先立ち、AMDよりRadeon R9 290X搭載ビデオカードを借用できたので、ベンチマークテストでその実力を探ってみた。

Radeon R9 シリーズ最上位モデルとなる新GPU

 Radeon R9 290X(以下R9 290X)は、GCN(Graphics Core Next)アーキテクチャをベースに28nmプロセスで製造された新GPUコア「Hawaii」を採用し、Radeon R9 シリーズの最上位に位置するフラッグシップモデルとなる製品だ。

 R9 290Xで採用されたHawaiiコアは、2,816基のStream Processorと176基のテクスチャユニットを備えている。GPUの動作クロックは最大1.0GHzで、メモリインターフェースは512bit。VRAMには5.0GHzで動作するGDDR5メモリを4GB搭載する。

 対応APIはDirectX 11.2、OpenGL 4.3に加え、AMD独自のグラフィックスAPI「Mantle」をサポートする。また、これまでに登場したRadeon R9/R7シリーズGPUでは、Radeon R7 260Xのみがサポートしていた「AMD TrueAudio」にも対応する。

 そのほかR9 290Xシリーズで採用された新要素として、AMDのマルチグラフィックス機能であるCrossFireを利用する際に必要だったブリッジケーブルが不要となった点が挙げられる。従来の製品では、基板上部に設けられたCrossFire端子をケーブルで接続する必要があったが、R9 290Xではブリッジケーブル無しで性能向上を実現する。

【表】Radeon R9 290Xの主要スペック
Radeon R9 290X Radeon R9 290 Radeon R9 280X
GPUクロック(最大) 1,000MHz 未公開 1,000MHz
Stream Processor 2,816基 未公開 2,048基
テクスチャユニット 176基 未公開 128基
ROP 64基 未公開 32基
メモリ容量 4GB GDDR5 未公開 3GB GDDR5
メモリクロック(データレート) 1,250MHz(5,000MHz相当) 未公開 1,500MHz(6,000MHz相当)
メモリインターフェイス 512bit 未公開 384bit
Mantle
True Audio
想定売価 549ドル 未公開 299ドル
R9 290Xと、Radeon HD 7970 GHz Editionとの比較
新しいCrossFire。ブリッジケーブル無しでもパフォーマンスの低下は無いとしている

CrossFire端子が廃止、異なる設定のBIOSを切り替えて利用可能

 今回、AMDに借用したのは、R9 290Xのリファレンスボードだ。カード長約275mm(ブラケット部を除く)のボード上には、2スロット占有型のGPUクーラーを搭載。補助電源コネクタは8ピン+6ピンという構成だ。R9 290XはCrossFire動作にブリッジケーブルを必要としなくなったため、基板上部にCrossFire端子は用意されていない。

 かつてCrossFire端子があった位置の近くには、BIOS切り替え用のDIPスイッチが実装されている。同様のスイッチはRadeon HD 7970でも採用されており、当時は単なるデュアルBIOSであったのだが、R9 290Xではそれぞれに「Quiet Mode」と「Uber Mode」という名称が与えられている。AMDによれば、「Quiet Mode」は静粛性重視、「Uber Mode」はパフォーマンス重視の設定とされており、CrossFire動作では「Uber Mode」の利用が推奨されている。

R9 290Xのリファレンスボード。カードサイズはクーラーの外装を含めると約275mm
GeForce GTX TITANのリファレンスボードより若干長い
ブラケット部のディスプレイ出力端子。DVI-I、DVI-D、HDMI、DisplayPortを各1ポートずつ搭載
補助電源コネクタは6ピン+8ピン
基板上部のCrossFire端子は廃止された
BIOS切り替えスイッチ。電源コネクタ側がUber Mode、ディスプレイ出力ポート側がQuiet Mode

テスト機材

 それではベンチマーク結果の紹介に移りたい。Radeon R9 シリーズ最上位に位置するフラッグシップGPUであるR9 290Xの比較対象には、NVIDIAのシングルGPU最上位モデル「GeForce GTX TITAN」(以下GTX TITAN)を用意した。

 なお、R9 290Xに関しては、前述の「Uber Mode」「Quiet Mode」のスコアをそれぞれ測定している。

【表2】テスト機材
GPU R9 290X GTX TITAN
CPU Core i7-4770K(3.5GHz/Turbo Boostオフ)
マザーボード MSI Z87A-GD65 GAMING
メモリ DDR3-1600 4GB×4(9-9-9-24、1.5V)
ストレージ 120GB SSD(Intel SSD 510シリーズ)
電源 Antec HCP-1200(1,200W/80PLUS GOLD)
グラフィックスドライバ Catalyst 13.11 BetaV5 GeForce 331.58
OS Windows 8 Pro 64bit

DirectX 11対応ベンチマークテスト

 まずはDirectX 11対応ベンチマークテストの結果から確認する。実施したテストは、「3DMark - Fire Strike」(グラフ1、2)、「3DMark11」(グラフ3、4)、「Stone Giant DX11 Benchmark」(グラフ5)、「Alien vs. Predator DX11 Benchmark」(グラフ6、7)、「Unigine Heaven Benchmark 4.0」(グラフ8)。

【グラフ1】3DMark - Fire Strike[Default/1,920×1,080ドット]
【グラフ2】3DMark - Fire Strike[Extreme/2,560×1,440ドット]
【グラフ3】3DMark11 v1.0.5[Performance/1,280×720ドット]
【グラフ4】3DMark11 v1.0.5[Custom(Extreme)/2,560×1,440ドット]
【グラフ5】Stone Giant DX11 Benchmark
【グラフ6】Alien vs. Predator DX11 Benchmark[1,920×1,080ドット]
【グラフ7】Alien vs. Predator DX11 Benchmark[2,560×1,080ドット]
【グラフ8】Unigine Heaven Benchmark 4.0[DX11/2,560×1,440]

 テスト結果を確認すると、「3DMark-Fire Strike」や「3DMark11 - Performanceプリセット」ではR9 290XがGTX TITANを上回っている。また、フレームレートでは劣っているものの、「Unigine Heaven Benchmark 4.0」でアンチエイリアシング処理を実行すると、GTX TITANとの差が縮まっていることが確認できる。メモリインターフェイスの拡張により、約320GB/secに強化されたメモリバス帯域幅が、メモリを多用するアンチエイリアシング処理でのパフォーマンスアップに効果を発揮していると見ることもできる。

 一方、テッセレーションを積極的に利用する「Stone Giant DX11 Benchmark」の結果を見ると、テッセレーション処理をHighに設定した際にGTX TITANとの差が開いている。GTX TITANが採用するKeplerアーキテクチャのテッセレータのパフォーマンスは非常に高く、R9 290Xでもテッセレーターの性能差は埋まっていない。

 また、R9 290XのUber ModeとQuiet Modeについては、多少スコアのバラつきがあるものの、ベンチマークスコアに有意な差は確認できなかった。ファンの動作音についても、常に高い負荷がかかり続けるベンチマークテストであるためか、特にQuiet Modeが静かという印象は無い。いくつかのベンチマークテストを実行した際のファン回転数をチェックしたが、いずれも負荷が継続すると最終的に2,400rpm前後までファンの回転数が上昇しており、差を見出すことはできなかった。

DirectX 9/10対応ベンチマークテスト

 次に、DirectX 9対応ベンチマークと、DirectX 10対応ベンチマークの結果を紹介する。実施したテストは「3DMark Vantage」(グラフ9、10)、「3DMark - Cloud Gate」(グラフ11)、「3DMark06 v1.2.1」(グラフ12、13)、「3DMark - Ice Storm」(グラフ14)、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」(グラフ15)、「MHFベンチマーク【大討伐】」(グラフ16)、「BIOHAZARD 6」(グラフ17)、「PSO2ベンチマーク」(グラフ18)、「Unigine Heaven Benchmark 4.0」(グラフ19)。

【グラフ9】3DMark Vantage v1.1.2[Performance/1,280×1,024ドット]
【グラフ10】3DMark Vantage v1.1.2[Custom(Extreme)/2,560×1,440ドット]
【グラフ11】3DMark - Cloud Gate [Default/1,280×720ドット]
【グラフ12】3DMark06 v1.2.1[1,280×1,024ドット/Default]
【グラフ13】3DMark06 v1.2.1[2,560×1,440ドット/8x AA/16x AF]
【グラフ14】3DMark - Ice Storm [Default/1,280×720ドット]
【グラフ15】ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編
【グラフ16】MHFベンチマーク【大討伐】[DX9]
【グラフ17】BIOHAZARD 6[DX9/高負荷設定(FXAA3HQ)]
【グラフ18】PSO2ベンチマーク(1,920×1,080ドット/フルスクリーン)
【グラフ19】Unigine Heaven Benchmark 4.0[DX9/2,560×1,440ドット]

 DirectX 10対応ベンチマークの「3DMark Vantage」「3DMark - Cloud Gate」では、いずれもGTX TITANが僅差ながらR9 290Xを上回った。

 一方、DirectX 9対応ベンチマークについては、テストや設定によって結果が分かれる結果となった。「Unigine Heaven Benchmark 4.0」で、GTX TITANがR9 290Xを上回っているものの、アンチエイリアシングを適用するとその差が縮むという、DirectX 11でも確認された高メモリ負荷時にR9 290Xのスコアが伸びる結果が見られる一方、「PSO2ベンチマーク」では描画設定を高くするとR9 290XがGTX TITANに逆転されている。負荷の強弱だけでなく、最適化の有無もスコアに影響しているものと思われる。

 なお、R9 290XのUber ModeとQuiet Modeについては、「BIOHAZARD 6」の1,920×1,080ドット時に7%ほどの差がついているが、それ以外のテストでは有意なスコア差をみることはできない。

消費電力の比較

 最後に、消費電力の測定結果を紹介する。消費電力はサンワサプライのワットチェッカー(TAP-TST5)を利用して、各テスト実行中の最大消費電力を測定した。

【グラフ20】システム全体の消費電力

 アイドル時の消費電力については、R9 290Xが50W、GTX TITANが45Wと、若干GTX TITANが低い結果となった。

 各テスト実行中の最大消費電力については、R9 290Xが340〜350Wを記録する一方、GTX TITANは高くても320W弱で、PSO2ベンチマークやMHFベンチマーク実行中の最大消費電力は300W以下と、R9 290Xより50W程低い結果となった。ベンチマークテストのスコアも考慮すると、ワットパフォーマンスではGTX TITANの方が有利と言える結果だ。

想定販売価格は549ドル。コストパフォーマンスに期待のハイエンドGPU

 以上のように、R9 290Xは、NVIDIAシングルGPU最上位製品であるGTX TITANとの比較でも勝負になるだけのパフォーマンスを持った新GPUだ。GTX TITANの登場以降、シングルGPUの最高性能では大きな差が付いていたAMDとNVIDIA両社だが、R9 290Xの登場でその差が一気に縮まる格好となる。

 また、単に性能でGTX TITANに迫っただけでなく、R9 290Xの想定販売価格が549ドルと、GTX TITANの999ドルよりかなり安く設定されている点も注目だ。今回のテストでは機材調達の関係で比較できなかったが、R9 290Xの実質的な競合製品はGeForce GTX 780となるだろう。

 549ドルという想定販売価格を考えると、ライバルのGeForce GTX 780より安価で販売される可能性がある。これだけの性能を持ったGPUがこの価格で登場するなら、より高いグラフィックス性能を求める層にとって、なかなかインパクトのある製品となるだろう。

(三門 修太)