やじうまPC Watch

シュワルツェネッガーのセリフでできたプログラミング言語

 ソフトウェア開発のための共有Webサービスである「GitHub」において、Lauri Hartikka(lhartikk)氏が、各ステートメントをアーノルド・シュワルツェネッガー氏が映画で発した名セリフに置き換えたプログラミング言語「ArnoldC」を公開している。

 ArnoldCのメインメソッドは必ず「IT'S SHOWTIME」(ショーの始まりだ)で始まり、「YOU HAVE BEEN TERMINATED」(お前は始末された)で終わる。前者はバトルランナー、後者はターミネーター3からの引用。そして、Returnの代わりは説明不要の「I'LL BE BACK」となっている。

 このほか、主な構文は下記のようになっている。

ステートメント 和訳 作品名
変数の宣言 HEY CHRISTMAS TREE variablename おい、クリスマスツリー バトルランナー
変数の割り当て GET TO THE CHOPPER myvar ヘリに向かえ プレデター
加算 GET UP operand 立て 不明
減算 GET DOWN operand しゃがめ ターミネーター2
乗算 YOU'RE FIRED operand お前を発射する(お前はクビだ) トゥルーライズ
等しい YOU ARE NOT YOU YOU ARE ME operand 君は君ではない。君は僕なんだ トータルリコール
Or CONSIDER THAT A DIVORCE operand これで離婚成立だ トータルリコール
And KNOCK KNOCK operand コンコン プレデター
While文 STICK AROUND value [statement] CHILL 立ってな/凍れ プレデター/バットマン&ロビン(?)

 これにしたがって、「a = (4 + b) * 2」の演算を行なう場合のコードは下記の通りとなる。

GET TO THE CHOPPER a
HERE IS MY INVITATION 4
GET UP b
YOU'RE FIRED 2
ENOUGH TALK

 ArnoldCは、Parboiledで構文を解析し、ASMでJAVAバイトコードを生成できる。シュワちゃん好きのプログラマーの方は、一度この言語に挑戦してみてはいかがだろう?

(若杉 紀彦)