ニュース

MediaTek、世界初のLPDDR4X対応ハイエンドSoC「Helio P20」

〜2016年後半には搭載デバイスが登場

 台湾MediaTekは22日(スペイン時間)、スペイン・バルセロナで開催されているMWC 2016に合わせて、ハイエンド向け新SoC「Helio P20」を発表した。

 2015年6月1日(台湾時間)に発表されたHelio P10に続くPシリーズのSoCで、従来比25%の省電力化を達成。プロセスルールは28nmから16nmへと移行した。ちなみに最上位のHelio X20は20nm製造であり、P20はHelioファミリで最小の製造プロセスを採用したSoCと思われる。

 CPUのコア数は8コアで、クロック周波数は2.3GHzまで到達。ベースにはARM v8-AアーキテクチャのCortex A53が使われている。GPUは最上位の「Mali T880」を採用し、最高900MHzの動作クロックによって現状で最高のビデオ/ゲーミング性能を発揮するとしている。

 メモリはSoCでは世界初というLPDDR4Xを採用。LPDDR3よりも70%帯域が向上し、消費電力は50%抑制された。SoCのモデム機能はLTEカテゴリ6対応で、2×20MHzのキャリアアグリゲーションをサポート。通信速度は下りが300Mbps、上りが50Mbpsとなる。また、デュアルSIMをサポートする。

 このほか、カメラの撮影機能などを強化するMediaTek独自のISP(Image Signal Processor)である「Imagiq」を採用した。

 2016年後半にはHelio P20を搭載したデバイスが市場に出荷される予定。

(中村 真司)