ニュース

ASUS、手ぶれ補正付き3倍ズームレンズを搭載した「ZenFone Zoom」

ZenFone Zoom(ブラックモデル)

 ASUSは、HOYA製の手ぶれ補正付き3倍ズームレンズを搭載したAndroidスマートフォン「ZenFone Zoom」を2月5日より順次国内販売する。価格はオープンプライス。

 3倍光学ズームレンズを備えたスマートフォン。レンズの製造はHOYAが行なっており、非球面4枚+ガラス4枚+プリズム2枚の10枚構成となっており、屈折光学系の採用により世界最薄を実現。4段分相当の手ブレ補正機構も備えている。

 レーザー測距により0.03秒の高速オートフォーカス、デジタルズームと組み合わせた12倍ズーム、自然な発光が可能なデュアルLEDフラッシュ、カメラ専用ボタンを備える。背面カメラの画素数は1,300万画素で、前面は500万画素。前面カメラはズーム機構を備えていないが、画角140度でセルフィー(自撮り)に好適という。

 このほか、レザーフィニッシュの背面カバー(64GB/128GBモデルのみ)、アルミニウムのユニボディフレーム、最薄部5mmの筐体、1,920×1,080ドット(フルHD)表示/10点タッチ対応の5.5型IPS液晶ディスプレイ(密度403ppi)などの搭載も特徴としている。

 本体色およびプロセッサ、ストレージの組み合わせで合計8モデルを用意。スタンダードホワイト/ブラックはAtom Z3580(2.3GHz、PowerVR G4630ビデオ機能内蔵)、ストレージ32GBまたは64GB eMMC。プレミアムレザーホワイト/ブラックは、プロセッサがAtom Z3580+64GB eMMCまたはAtom Z3590(2.5GHz)+128GB eMCPを搭載する。そのほかの仕様は共通で、メモリ4GB、OSにAndroid 5.0を搭載。液晶表面はCorningのGorilla Glass 4を備える。

 税別価格は、プレミアムレザー/Atom Z3580/64GBが59,800円、プレミアムレザー/Atom Z3590/128GBが68,800円、スタンダードカバー/Atom Z3580/64GBが55,800円、スタンダードカバー/Atom Z3580/32GBが49,800円。発売はプレミアムが2月5日で、スタンダードが2月中旬以降。

 インターフェイスは、Micro USB、microSDカードスロット、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、音声入出力、NFCなどを搭載。センサーは加速度、コンパス、ジャイロ、近接、輝度など。

 SIMはMicroタイプ。サポートするバンド帯は、FDD-LTEが1/2/3/5/7/8/9/18/19/28、TDD-LTEが38/39/40/41、W-CDMA(HSPA+)が1/2/5/6/8/19、TD-SCDMAが32/39、GSM\EDGEが850/900/1,800/1,900MHz。通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっている。

 バッテリ駆動時間は10.1〜11.2時間。本体サイズは約78.84×158.9×5〜11.95mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約185g。

 現在、都内で記者発表会を行なっており、詳細は追ってお伝えする。

ホワイトモデル
ホームページにおけるHOYA製レンズの説明

(劉 尭)