ニュース

レノボ、今後のThinkPadは14型モバイルにも注力

 レノボ・ジャパン株式会社は19日、都内で「Think」シリーズ製品の記者発表会を開催した。

レノボ・ジャパン株式会社 執行役員専務 安田稔氏

 発表会には、同社執行役員専務の安田稔氏が登壇。挨拶を行なった。

 安田氏は「グローバル市場におけるPC事業は、2015年第3四半期に全世界21.4%のシェア1位を獲得し、業績も過去最高記録を更新しており、2014年にIBMから引き継いだサーバー事業でも、一時売上が減少するなどしたものの、2015年第2四半期は前四半期から9%の売上増を見せ、成長フェーズに移行している」として、グループ全体で堅実な業績を見せているとアピールした。

 国内市場についても、社内調査では2015年第4四半期で3割弱(NEC含む)のシェアになると見ており、サーバー事業も、2015年第3四半期のシェア4.5%に対し、第4四半期には6%前後へ成長している見込みだという。

 安田氏は、同社の2016年の法人向け事業の優先度として、ハードウェアポートフォリオの拡大を含む次世代ソリューション、ワークスタイル変革の提案などを挙げ、その1つとしてThinkシリーズ製品の紹介に移った。

堅実な業績
法人向け事業の優先度
同社 コマーシャル製品事業部 Think製品プラットフォームグループ部長の大谷光義氏

 製品の紹介は、同社 コマーシャル製品事業部 Think製品プラットフォームグループ部長の大谷光義氏が登壇し、解説を行なった。発表された製品の仕様詳細は別記事(1/2/3/4)を参照されたい。

 大谷氏は、まずThinkPadシリーズについて紹介を行なった。今回投入されたのは12.5型の「ThinkPad X260」、14型の「ThinkPad T460s」の2機種となる。

 モバイル製品に対する要望は多様化傾向にあり、かつ法人向けの場合、ユーザーと管理者でその内容が異なるという。

 ユーザーの声としては、より軽く、より薄くという携帯性への要求は当然ながら、現在モバイル製品では12〜13型のノートPCが主流だが、画面が小さいという声があるという。またOSがWindows 8.xや10となって以降、ペン入力に対する需要が高まっているという。

 管理者からの要望では、セキュリティは勿論、新旧ポートのサポート、メンテナンス性を含む管理の容易さ、予算内に収まるコストパフォーマンスの高さなどがあるという。

 同社ではこれらの要望を実現するため、高い堅牢性やユーザビリティ、周辺機器による拡張性を持たせているとした。

 PC事業では売上台数の半分をモバイル製品が占めているが、同社では今までモバイル製品としては12型だけに注力していたという。しかしThinkPad製品の出荷状況を見ると、12型がトップながら、14型が増加傾向にあり、ThikPad T460sで14型のモバイル市場を掴んでいくとした。

2016 ThinkPadポートフォリオ
重量とサイズ
モバイル製品への要望
サイズのトレンド
T460s
メインストリームモバイル製品の新たな選択肢に

 デスクトップ製品では、「ThinkCentre M700」シリーズを投入。特にスリムタワーの「M700 Small」については、Skylake搭載やツールレス筐体採用のほか、日本の顧客からの強い要望により、筐体幅を前モデルの99mmから88mmへさらに薄型化したという。

ThinkCentre
シリーズの歴史
比較表
横幅のスリム化は日本の顧客の強い要望を反映
一体型製品の歴史
比較表

 ワークステーション製品では、「ThinkPad P40 Yoga」、「ThinkPad P50s」、「ThinkPad P310」シリーズを投入。P40 Yogaは360度回転ヒンジの採用とペン入力の対応により、従来、デザイナーは、スケッチはタブレット、デザインや編集はワークステーションと用途に合わせ使い分けていたが、P40 Yogaであれば1台で作業を完結できる「世界初のマルチモードモバイルワークステーション」を実現したとする。

ワークステーション製品一覧
P40 Yoga
法人向けYoga 900
YOGA Tab 3 10、Tab 3 8の法人向けモデル

 発表会の最後には、同社コマーシャル製品事業部 製品ポートフォリオグループ部長の土居憲太郎氏が登壇し、ワークスタイル変革の提案として、会議室でのコミュニケーションを効率化するソリューションの発表とデモを行なった。

同社コマーシャル製品事業部 製品ポートフォリオグループ部長 土居憲太郎氏
会議の無駄
会議室での無駄1
WiDiアダプタでケーブル接続の煩雑さを解決
ThinkPad Stack Mobile Projector
プロジェクタ本体は小型だが明るい
会議室での無駄2
4画面を共有可能なPioneer VC「xSync Office」で解決
レノボ・ジャパンの場合
YOGA Home 900とxSync Pro SCHEDAを組み合わせコミュニケーション
ThinkPad T460sとThinkPad ウルトラドック
左側面
右側面
裏面
ウルトラドック
ドック背面
ThinkPad L560
ThinkPad L460
ThinkPad P40 Yoga
ThinkPad P50s
ThinkCentre P310 SFF
ThinkCentre M700 Small
ThinkCentre M700Z All-In-One
ThinkCentre M700 Tiny
前面
参考出展されていたThinkCentre Tiny-In-One 22
アクセサリ群
Yoga Home 900

(佐藤 岳大)