ニュース

レノボ、360度回転ヒンジ採用の14型ワークステーション「ThinkPad P40 Yoga」

〜3K液晶搭載15.6型ノートも

ThinkPad P40 Yoga

【17時】税別直販価格を追記しました

 レノボ・ジャパン株式会社は、14型モバイルワークステーション「ThinkPad P40 Yoga」、15.6型ワークステーション「ThinkPad P50s」を1月19日より発売する。価格はオープンプライスで、税別直販価格はそれぞれ220,000円、203,000円。

 ThinkPad P40 Yogaは、360度回転式ヒンジを採用した14型ノートPC。CPUにCore i7-6600UまたはCore i7-6500Uを搭載する。カーボンファイバーとマグネシウム合金製の筐体を採用し、軽量化とMIL-SPECを通過する堅牢性を実現したとする。

 タブレットモードでは、オプションの「ThinkPad Pen Pro-1」使用し、2,048段階の筆圧検知でペン入力が可能。

 そのほかの主な仕様は、14型フルHD(1,920×1,080ドット)またはWQHD(2,560×1,440ドット)液晶ディスプレイ、Quadro M500M(2GB VRAM)、最大16GBメモリ、最大512GB SSD、OSはWindows 10 Pro/Homeを搭載する。

 インターフェイスはIEEE 802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.1、HDMI出力、Mini DisplayPort、USB 3.0×3、マルチメディアカードリーダを備える。

 バッテリ駆動時間(JEITA2.0)は最大約10時間。サイズは338×236.3×19.9mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約1.8kg。

360度回転ヒンジ

 ThinkPad P50sは、15.6型液晶搭載のワークステーション。

 クラムシェル筐体を採用し、CPUにCore i7-6600UまたはCore i7-6500Uを搭載。液晶はフルHD(1,920×1,080ドット、タッチ対応可)または3K(2,880×1,620ドット)液晶を選択可能。

 そのほかの主な仕様は、Quadro M500M(同)、最大32GBメモリ、256GB/512GB SSD/500GB SSHD/1TB HDD、OSはWindows 10 Proを搭載する。

 インターフェイスはEthernet、IEEE 802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.1、HDMI出力、Mini DisplayPort、USB 3.0×3、マルチメディアカードリーダを備える。オプションでスマートカードリーダを搭載可能

 バッテリ駆動時間(JEITA2.0)は最大約12時間。サイズは380×258.2×22.4mm(同)で、重量は約2.23kg。

ThinkPad P50s

(佐藤 岳大)