ニュース

MicrosoftがSnapdragon 617をContinuum対応リストに追加

〜トリニティの「NuAns Neo」が晴れてContinuum正式対応端末に

トリニティのNuAns Neoが搭載しているSnapdragon 617(MS8952)が「Continuum」に正式対応した

 米Microsoftが、モバイル端末向けOSのWindows 10 Mobileで使える拡張デスクトップ機能「Continuum」の対応プロセッサリストに、Qualcomm「Snapdragon 617(MS8952)」を追加していることが分かった。

 日本国内でSnapdragon 617を搭載しているWindows Phoneにはトリニティの「NuAns Neo」があり、トリニティのblogでも同機がContinuumに対応したことを告知している(トリニティのblog)。これまでは暫定的な対応に留まっていた(別記事)。

 ContinuumはWindows 10 Mobile搭載端末に外付けディスプレイやキーボード/マウスを接続することで、モバイル機器をデスクトップPCのように利用可能にする機能。シームレスな切り替えでWindows 10(デスクトップ版)のインターフェイスを使えることから注目を集めている。

Continuumの仕様要件が書かれているページ。「Qualcomm MS8952」の文字が確認できる

(中村 真司)