ニュース

Microsoft、「Office 2016 for Mac」を提供開始

〜Office 365 Soloユーザーも即利用可能

Office 365 SoloユーザーもOffice 2016 for Macを利用できる

 Microsoftは9日(現地時間)、Mac版Officeの最新バージョン「Office 2016 for Mac」をOffice 365ユーザー向けに公開した。現時点では日本を含む139カ国、16言語がサポートされている。

 日本ではOffice 365 Soloユーザーも対象となり、Officeのアカウントページにサインインして手続きを進めればインストールできる。なお、Mac OS Xのバージョンを10.10以降にしていないとインストールできないようだ。現時点ではパッケージ版の発売予定日は不明。

既にOffice 365を契約しており、Office for Mac 2011を使用しているユーザーでも、アカウントページから最新版に変更できる

 Office 2016 for Macに含まれるのは、「Word」、「Excel」、「PowerPoint」、「Outlook」、「OneNote」の5つで、前バージョンのOffice for Mac 2011からインターフェイスの改良や、フルスクリーンビューやマルチタッチジェスチャといったMac特有機能における操作性も改善されている模様。フルRetinaもサポートされ、これまでよりも文字が読みやすくなっていると言う。

「Word」
「Excel」
「PowerPoint」
「Outlook」
「OneNote」

(中村 真司)