ニュース

Intel「Broadwell-K」ベンチマーク速報

〜Core i7-5775CとCore i5-5675Cを検証

 既報の通り、Intelは第5世代Coreプロセッサのデスクトップ向けCPU「Broadwell-K」を発表した。

 今回、Broadwell-Kの「Core i7-5775C」と「Core i5-5675C」を検証する機会を得られたので、詳細な検証や考察は後日掲載とし、ここでは簡単なベンチマーク結果をお届けしたい。

 Broadwellは、基本アーキテクチャはそのままに、Haswell(22nm)からプロセスルールを14nmへ縮小。デスクトップ向けとなるBroadwell-K 2製品は、その微細化分をGPUコアへとつぎ込んだ形となっており、GPUに上位となるIris Pro Graphics 6200を採用しているのが特徴。CPUソケットは、Haswellと同じLGA1150を採用し、チップセットも現行のIntel 9シリーズが利用できる。検証には比較対象として、Haswell世代のCore i7-4770Kを用意した。

Broadwell-Kの「Core i7-5775C」
「Core i7-5775C」の裏面
Core i7-5775C(左)とCore i5-5675C(右)
Core i7-5775CのCPU-Z
Core i5-5675CのCPU-Z
【表1】CPUの主なスペック
Core i7-5775C Core i5-5675C Core i7-4770K
製造プロセス 14nm 14nm 22nm
開発コードネーム Broadwell Broadwell Haswell
コア数 4 4 4
スレッド数 8 4 8
CPU定格クロック 3.3GHz 3.1GHz 3.5GHz
CPU Turbo Boostクロック 3.7GHz 3.6GHz 3.9GHz
L3キャッシュ 6MB 4MB 8MB
GPU名 Iris Pro Graphics 6200 Iris Pro Graphics 6200 HD Graphics 4600
GPUコアクロック(最大) 1,150MHz 1,100MHz 1,250MHz
TDP 65W 65W 84W
倍率アンロック
対応ソケット LGA1150 LGA1150 LGA1150

 実施したベンチマークは、CINEBENCH R15(グラフ1)、3DMark(グラフ2〜5)、ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク(グラフ6)、PCMark 8(グラフ7)の4つ。検証で使用した機材は下記の通りだ。

【表2】テスト機材
CPU Core i7-5775C Core i5-5675C Core i7-4770K
マザーボード ASUS H97-PRO(BIOSバージョン2802)
メモリ SanMax SMD-4G28CVLP-16KK(DDR3-1600 4GB×2(11-11-11-28、1.50V)
ストレージ Samsung SSD 830 256GB
ビデオカード 内蔵GPUを使用
グラフィックスドライバ Intel Graphics Accelerator Driver V10.18.14.4206
電源 Enermax EPM1200EWT(1,200W 80PLUS Platinum)
CPUクーラー Core i7-4770K付属リテールクーラー
OS Windows 8.1 Pro Update(64bit)

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15

 CINEBENCH R15は、CPUのシングルコアおよびマルチコア性能を計測できるベンチマークソフトだ。単一のコアのみ使用するSingle Coreの結果では、Turbo Boostで最大3.9GHzまで上昇するi7-4770Kがトップに立った。次点はi7-5775Cで、Turbo Boostによる最大クロックは3.7GHz。クロック差による順当な結果と言える。

 All Coreでは、i7-5775Cとi7-4770KがHyper-Threadingにより、8スレッド処理が可能なため、i5-5675Cはかなり不利な結果が出た。興味深いのは最大クロックで劣るi7-5775Cがi7-4770Kよりも成績上位になったことだ。ベンチ中は前者が全コア3.6GHzで、後者は全コア3.7GHzと0.1GHz高く動作していたのだが、Single Coreの時とは逆の結果が出た。稼働コア数が増した分、Broadwellアーキテクチャによる処理の優位性が現れたと考えられる。

【グラフ1】CINEBENCH R15

3DMark(v1.5.8930)

3DMark(v1.5.8930)

 3DMark(v1.5.8930)での注目点は、i7-5775Cおよびi5-5675Cが搭載している内蔵GPU、GT3e世代の「Iris Pro Graphics 6200」の実力だ。i7-4770Kは「HD Graphics 4600」でGT2世代となる。GT3eは演算ユニットを48基備え、128MBのeDRAMも実装。GT2の演算ユニット数は半分の24基で、eDRAMは実装されていない。

 ベンチマークは負荷の軽い順に、Cloud Gate、Sky Diver、Fire Strike、Fire Strike Extremeを実行し、全てのテストで同じ傾向が出た。各ベンチのScore(総合スコア)とGraphics Scoreでは、i7-5775Cがi7-4770Kに対して倍近い性能差を見せ、大きく水をあけている。

 i5-5675CはHyper-Threading非対応のため、CPUテストのPhysics Scoreが影響して総合スコアを下げてしまっているが、それでもグラフィックス系の成績はi7-4770Kの1.5倍以上は出ている。これにより、Iris Pro Graphics 6200の優秀さを見せ付ける結果となった。i7-5775Cとi5-5675Cの差については、前者の最大GPUクロックが1,150MHz、後者が1,100MHzのため、主にその点に起因していると推測できる。

【グラフ2】3DMark - Cloud Gate
【グラフ3】3DMark - Sky Diver
【グラフ4】3DMark - Fire Strike
【グラフ5】3DMark - Fire Strike Extreme

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマークでは、グラフィックス設定を初期状態の「高品質(ノートPC)」にし、DirectX 11を選択。解像度はHD(1,280×720ドット)とフルHD(1,920×1,080ドット)の2種類をウィンドウモードで実行した。結論から先に言うと、こちらのベンチマークも3DMarkと同様に、Broadwell勢が大きくスコアを伸ばす結果が出た。

 HD解像度ではBroadwell勢に「快適」の判定結果が下され、Haswellのi7-4770Kは「普通」だった。フルHDでは3つのCPUとも「設定変更を推奨」の判定に。ただ、どちらの解像度でもBroadwell勢はHaswellより1.7倍以上スコアが上だ。Iris Pro Graphics 6200搭載のCPUなら、DirectX 9などグラフィックス処理の軽いカジュアルなゲームは余裕で遊べそうで、フルHDでもかなり快適にプレイできるのではないだろうか。

【グラフ6】ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク。グラフィックス設定: 高品質(ノートPC)

PCMark 8(v2.4.304)

PCMark 8(v2.4.304)

 PCMark 8(v2.4.304)では、PCの一般的な用途を想定した処理を実行する「Home」を測定した。処理内容を大まかに説明すると、Webブラウジング処理、テキスト処理、画像処理、映像処理、軽めのゲーム処理が行なわれる。なお、ベンチマークではGPU機能が関係してくる「Run Accelerated」を選択している。

 結果は、Broadwell勢がほぼ横並びで、スコア差は25しかない。一方、Haswellのi7-4770Kは500点ほどスコアが低い。ベンチマークの内訳表を見ると分かるが、これはグラフィックス性能が求められるCasual Gamingの結果が強く影響したためだ。それ以外の項目で大差は付いておらず、やはりCPU性能に関して言えば、Haswell世代からの進化を感じることは難しそうだ。

【グラフ7】PCMark 8 - Home(Run Accelerated)
【表3】PCMark 8 - Homeのスコア内訳
Core i7-5775C Core i5-5675C Core i7-4770K
Web Browsing-JunglePin 0.313s 0.315s 0.312s
Web Browsing-Amazonia 0.134s 0.134s 0.134s
Writing 3.55s 3.60s 3.49s
Photo Editing v2 0.197s 0.201s 0.250s
Video Chat v2 / Video Chat playback 1 v2 30.0fps 30.0fps 30.0fps
Video Chat v2 / Video Chat encoding 1 v2 50.7ms 53.7ms 51.0ms
Casual Gaming 59.8fps 61.8fps 29.4fps
Benchmark duration 34min6s 34min24s 34min23s

 以上、駆け足でベンチマークを行なったが、Broadwell-KのCPU性能に関しては、前世代との差を感じられず、むしろ最大クロックの低さから不利になることも多そうだった。もちろん、今後の検証で新たな側面が見えてくる可能性も十分考えられる。

 一方、グラフィックス性能の高さは特筆すべきところで、Iris Pro Graphics 6200を搭載したBroadwell-Kであれば、エントリークラスのビデオカードに対抗し得るだけの能力を備えているのではないだろうか。詳細な検証結果は、後日掲載の記事で改めてお伝えしたい。

CPU-Zで「Iris Pro Graphics 6200」に表記を確認できた

(中村 真司)