イベントレポート

Intel、Iris Pro搭載のデスクトップ向け第5世代Coreプロセッサを発表

〜Iris Pro Graphics P6300を搭載したXeon E3-1200 v4シリーズも

Intelが発表したBroadwell-Hこと第5世代Coreプロセッサ

 IntelによるCOMPUTEX TAIPEI 2015の基調講演では、上席副社長兼クライアントコンピューティング事業本部事業本部長カーク・スコーゲン氏が登場し、さまざまな発表を行なった。

 その1つが、IntelがこれまでBroadwell-K(デスクトップPC向けのLGAプロセッサ)および、Broadwell-H(ノートPC向けのBGAプロセッサ)の開発コードネームで開発を続けてきた、eDRAMをキャッシュとして活用できるIris Pro Graphics 6200(GT3e)を搭載した第5世代Coreプロセッサだ。第5世代Coreプロセッサ自体は1月に発表されていたが、Iris Pro Graphics 6200を搭載したモデルは例外になっており、今回正式に発表されたことになる。

 Broadwell-Kは、実際のプロセッサー・ナンバー末尾には、“R”ないしは“C”のアルファベットが付けられ、自作PCや小型デスクトップPC向けに位置付けられる。

 Broadwell-Hは、TDP 47WとなるハイエンドノートPCやゲーミングノートPC向け製品で、末尾に“H”か“HQ”が付く。

 また、同時にGT3eベースのIris Pro Graphics P6300を搭載したサーバー向けプロセッサXeon E3-1200 v4も発表された。

eDRAMをキャッシュとして利用できるIris Pro Graphics 6200を搭載

 Intelは近年内蔵GPUに非常に力を入れており、特に第5世代Coreプロセッサでは、第8世代(Gen.8)と呼ばれる同社製GPUが採用されており、EUと実行ユニットがHaswellに比べて20%ほど増やされている。1月の時点で発表されたのは主にGT2/GT3という開発コードネームのGPUが内蔵された製品だった。

 Broadwell世代の内蔵GPUには、大きく言うと以下の3つの構成が用意されている。

【表1】Broadwell世代の内蔵GPUの種類
GT2 GT3 GT3e
EU 24 48 48
eDRAM - - 128MB

 GT2とGT3/3eの大きな違いはEUの数で、GT2はEUの数が24基になっているのに対して、GT3/3eはその倍の48基になっており、GPU性能が高まる。ただし、その分演算量が増え、CPUと共有しているメモリ帯域への圧迫が強まるため、そこがボトルネックとなって性能が向上しないというジレンマがある。

 そこで、第4世代Coreプロセッサ(Haswell)世代に内蔵されている第7.5世代(Gen7.5)の内蔵GPUから、eDRAMというキャッシュメモリをオンパッケージ(CPUとは別ダイだが、CPUのパッケージ上に実装)で搭載している。メインメモリから読み込んできたデータをeDRAM上にキャッシュしておくことで、メモリ帯域への圧迫度を下げ、結果としてGPUの性能を向上させるというのが基本的な考え方だ。今回のBroadwell-KとBroadwell-Hは、そのeDRAM搭載型のGT3eを内蔵している。

Iris Pro Graphics 6200を搭載した第5世代Coreプロセッサが正式に発表
Iris Pro Graphics 6200を搭載したMSIのゲーミングノートを紹介するカーク・スコーゲン氏

65Wのデスクトップ向けと、47WのノートPC向け。GT3e搭載のXeonも

 Broadwell-Kは、TDPが65WとなるLGAプロセッサ。Cの型番が付く製品が自作PC向けアンロック版で、従来末尾にKが付いていた製品の後継となる。Rの型番が付く製品はMini PCなど向けという扱いになる。

【表2】Broadwell-Kのラインナップ(価格は千個ロット時)
プロセッサー・ナンバー コア/スレッド ベースクロック 内蔵GPU LLC TDP 価格
Core i7-5775C 4/8 3.3GHz Iris Pro Graphics 6200 6MB 65W 336ドル
Core i7-5775R 4/8 3.3GHz Iris Pro Graphics 6200 6MB 65W 328ドル
Core i5-5675C 4/4 3.1GHz Iris Pro Graphics 6200 4MB 65W 276ドル
Core i5-5675R 4/4 3.1GHz Iris Pro Graphics 6200 4MB 65W 265ドル
Core i5-5575R 4/4 2.8GHz Iris Pro Graphics 6200 4MB 65W 244ドル

 Broadwell-Hは、TDPが47Wとなるハイエンド〜ゲーミング用ノートPC向け。Core i5-5700HQはGT2となるが、それ以外はGT3eを搭載した製品となる。

【表3】Broadwell-Hのラインナップ(価格は千個ロット時)
プロセッサー・ナンバー コア/スレッド ベースクロック 内蔵GPU LLC TDP 価格
Core i7-5950HQ 4/8 2.9GHz Iris Pro Graphics 6200 6MB 47W 623ドル
Core i7-5850HQ 4/8 2.7GHz Iris Pro Graphics 6200 6MB 47W 434ドル
Core i7-5750HQ 4/8 2.5GHz Iris Pro Graphics 6200 6MB 47W 434ドル
Core i7-5700HQ 4/8 2.7GHz Intel HD Graphics 5600 6MB 47W 378ドル
Core i5-5350H 2/4 3GHz Iris Pro Graphics 6200 4MB 47W 289ドル

 また、Intelは同時にXeon E3-1200 v4を発表した。Xeon E3-1200 v4はBroadwell/GT3eベースの内蔵GPUとなるIris Pro Graphics P6300を搭載しており、サーバーやワークステーション用途でグラフィックス処理や内蔵GPUを利用したコンピューティング処理などに利用することができる。

【表4】 Xeon E3-1200 v4のラインナップ(価格は千個ロット時)
プロセッサー・ナンバー コア/スレッド ベースクロック 内蔵GPU LLC TDP 価格
Xeon E3-1285 v4 4/8 3.5GHz Iris Pro graphics P6300 6MB 95W 557ドル
Xeon E3-1285L v4 4/8 3.4GHz Iris Pro graphics P6300 6MB 65W 445ドル
Xeon E3-1265L v4 4/8 2.3GHz Iris Pro graphics P6300 6MB 35W 418ドル
Xeon E3-1278L v4 4/8 2GHz Iris Pro graphics P6300 6MB 47W 546ドル
Xeon E3-1258L v4 4/8 1.8GHz Iris Pro graphics P5700 6MB 47W 481ドル

【お詫びと訂正】初出時にXeonの仕様に一部誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます。

(笠原 一輝)