ニュース

ロジクール、6年ぶりのハイエンドマウス「MX Master」

〜親指ホイールと、ホイール速度を加速するオートシフト機能搭載

 ロジクールは、ハイエンドワイヤレスマウス「MX Master」(MX2000)を4月2日に発売する。価格はオープンプライス。直販価格は税別12,880円。

 現行の「M950t」を置き換える製品であり、同社製のハイエンドマウスとしては6年振りのモデルチェンジ。MX型番を冠する機種としては、2006年発売の「MX Revolution」以来となる。

 ホイールを回すスピードに合わせてスクロールスピードが加速する「オートシフト機能」を装備する。遅く回すと1行ずつ、速く回すと回すのをやめても高速でスクロールし続ける。縦長レイアウトのWebサイトや長文の資料を飛ばしながら閲覧する際に有用という。本体左側面には親指で操作するサムホイールを備えており、水平スクロールや複雑なマウスジェスチャーにも対応可能。

 トラックキング機能としては、使用面のわずかなディテールの違いを検出できる「Darkfield Laser」を搭載。透明なガラステーブルの上や光沢のある面など、通常のレーザーマウスが動作しない場所でも問題なく使用可能とする。

 接続の無線方式は、単体のUSBレシーバで複数の機器を接続できるロジクール独自の「Unifying」のほか、Bluetooth接続にも対応した。また、背面には最大で3台までペアリング先の機器を切り替えられる「Easy-Switchボタン」を備える。

 電源は内蔵式リチウムポリマー充電池。充電はMicro USBケーブルで行ない、一度の充電で最大40日間動作する。

 解像度は1,000dpi。電波到達距離は約10m。対応OSはWindows 7/8以降、Mac OS X 10.8以降。サイズは85.7×126×48.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約145g。2年間の保証が付く。

(関根 慎一)