ニュース

ASUS、USB 3.1をオンボードで搭載した「Sabertooth X99」

Sabertooth X99

 ASUSは16日(台湾時間)、USB 3.1をオンボードで搭載した高耐久Intel X99マザーボード「Sabertooth X99」を発表した。3月16日〜20日(ドイツ時間)にドイツで開かれるCeBITに展示する。

 高耐久を謳うTUFシリーズに属するモデル。オンボードでUSB 3.1コントローラを搭載し、Type-Aを2ポート備える。また、Androidスマートフォンと専用のUSBポートを接続して、システムの温度や電圧などをリアルタイムに監視したり、電源のオン/オフ操作などが行える「TUF Detective」機能に対応する。

 静電防止機構は第2世代に進化し、従来の約2倍の耐性を実現。また、11基のファンと12個の温度センサーを管理する専用チップ「TUF ICe」を搭載し、これを管理するユーティリティ「Thermal Radar 2」が付属。同ユーティリティではStrixおよびR.O.G.ブランドのビデオカードのファン速度も調節可能。

 チョークコイルは新開発のタイプを採用し、表面積を70%増加させることで放熱性を高めた。1万時間駆動を謳う固体コンデンサや、ミリタリーグレードのMOSFETなどを搭載し、5年保証を謳う。

 そのほかの詳細は明らかにされていないが、写真を見る限り、従来と同様の表面保護プレート「Thermal Armor」、背面保護プレート「TUF Fortifier」を搭載。LGA2011-v3ソケット、8基のDDR4メモリスロット、SATA 6Gbps×6、SATA Express×2、PCI Express x16×3、PCI Express x4、PCI Express x1などを備えている。

 バックパネルインターフェイスは、USB 3.1×2、USB 3.0×4、USB 2.0×4、Gigabit Ethernet×2、音声入出力、BIOS更新ボタンなど。フォームファクタはATX。

バックパネルインターフェイス

(劉 尭)