ニュース

NVIDIA、MaxwellベースのGeForce GTX 960

〜ファンを止めた状態でもゲームプレイ可能

GeForce GTX 960(写真はASUSの製品)

 米NVIDIAは22日(現地時間)、Maxwellベースのミドルレンジゲーマー向けGPU「GeForce GTX 960」を発表した。米国での店頭予想価格は199ドル前後、国内では3万円前後で即日出荷開始となる。

 前世代のKeplerアーキテクチャからさらに電力効率を引き上げたMaxwellアーキテクチャのGM206コアを採用。一般ユーザーにも手の届きやすい価格帯に留めながら、各種ゲームをフルHD解像度で60fps出せる性能を実現したと言い、GeForce GTX 660と比較すると、絶対性能は約1.5倍になり、電力効率で見ると、TDPが140Wから120Wに下がったことで2倍に向上している。

 さらに、ハックアンドスラッシュ系など比較的負荷が低いゲームでは、消費電力を30Wに保ち、カードのファンの回転を止めるサイレントモードを実装し(ボードによる)、より快適にゲームをプレイできる環境を提供するほか、オーバークロックもより簡単に実行できるという。

 機能面では、複数のフレームから サンプリングしアンチエイリアスを行なう「MFAA」、内部的に4Kの改造でレンダリングしてからフルHD出力することで画面の精細さを引き上げる「Dynamic Super Resolution」(DSR)、ボクセルベースのグローバルイルミネーション技術「VXGI」などGeForce GTX 980と同等の機能を搭載。加えて、新たにハードウェアベースのH.265のエンコーダだけでなくデコーダを搭載した。

 MFAAを使うと、MSAAの4x相当の画質を実現しながら、フレームレートを3割程度向上させられる。MFAA対応タイトルは当初限定的だったが、現在ではDirectX 10/11の広範なタイトルでサポートされるほか、今後DirectX 9タイトルにもサポートを広げるという。

 実売価格は当時のGeForce GTX 660の229〜249ドルから数十ドル引き下げられている。

各種ゲームを60fpsでプレイ可能
TDPを引き下げたことで、電力効率はGTX 660の2倍に
オーバークロックにも対応
DSR機能を使うことで画質を引き上げられる
負荷の低めのゲームはファンを停止した状態でもプレイ可能
GTX 980と同等の機能を搭載

 コアの仕様は、SP数が1,024基、ベースクロックが1,126MHz、ブーストクロックが1,178MHz、テクスチャユニット数が64基、ROPユニット数が32基。メモリは7,010MHz駆動の128bit GDDR5 2GBだが、テクスチャ圧縮機能により、実効性能は9,300MHz相当としている。

 プロセスルールは28nm、トランジスタ数は29億4千万。ディスプレイインターフェイスはDisplayPort×3、HDMI、DVI。電源は6ピン。

ブロックダイヤグラム

(若杉 紀彦)