ニュース

日本マイクロソフト、日本語版「Surface Pro 3」の実機を公開

〜詳細なCPUスペックなども判明

Surface Pro 3とタイプカバー(レッド)

 日本マイクロソフト株式会社は14日、報道向けに「Surface Pro 3体験会」を開催している。

 Surface Pro 3は、6月2日に日本でも正式発表され、実機も公開されたが、今回の体験会では日本語化されたキーボード付きカバーの「Surface Proタイプカバー」が初めて公開されたほか、これまで公開されていなかったCPU情報なども明らかになった。

 Surface Pro 3は、既報の通り、既存の「Surface Pro 2」が10.6型だったのに対し、12型へと大型化しながらも、より薄く軽くし、CPUや液晶などのスペックを底上げしている。本体サイズは292×201.3×9.1mm(幅×奥行き×高さ)、重量は800g、バッテリ駆動時間は最大9時間。詳細なスペックは関連記事を参照されたい。

 日本では、Core i5/メモリ4GB/SSD 128GB、Core i5/メモリ8GB/SSD 256GB、Core i7/メモリ8GB/SSD 256GB、Core i7/メモリ8GB/SSD 512GBの4モデルが個人向けに7月17日から発売される。価格は120,744〜219,024円(税別)。現時点までの予約状況は、6割がCore i5、4割がCore i7で、他国よりもハイスペックが人気だという。この下のCore i3モデルも8月に発売予定で、そちらの価格は91,800円(同)。

 本体が大型化したことで、タイプカバーのキーピッチとタッチパッドの面積が広がった。そして今回披露された日本語版は、日本語特有のキーの増加に伴い、右Shiftキーやスペースキーなどの幅が狭まっているものの、通常の文字キーは右上の一部を除き、ほぼ同じキーピッチを確保しているほか、特におかしな配列は見受けられない。簡単に打鍵してみたが、クリック感もあり、軽快にタッチタイプできる。

 また、Surface Pro 3用タイプカバーは、接続部分が2段階に折れ曲がるようになっており、接点部分だけでなく、液晶額縁の下部分全域を使って磁石で固定できる。これにより、より外れにくくなり、20〜150度まで無段階に角度調整できるようになった本体背面のキックスタンドと相まって、腿の上でも安定して利用できることを確認できた。このカバーは、開いてタブレット背面に回すと、キー操作を受け付けなくなるようになっている。

 タイプカバーは量販店では、ブラック、ブルー、パープル、シアンの4色が用意されるが、直販店のMicrosoft Storeではレッドも用意。ただし、こちらも後日一般販売の予定があるという。価格は12,980円(同)。なお、既存製品用にあったバッテリ内蔵のタイプカバーは、Surface Pro 3では提供の予定はない。

シアン
ブルー
パープル
ブラック
キーの配列やピッチにいびつな点はほとんどない
取り外したところ。左辺にあるロゴから分かるよう、Surface Pro 3は縦向きが標準の向きとされている
本体と接点だけでくっつけたところ
二重に折り返した状態で、150度まで倒したところ
20度の状態
付属のペン。筆圧は256段階。左側のボタンを押すと消しゴムになり、右側のボタンを押すと右クリックになる
標準では本体に収納できないが、タイプカバーに取り付けるホルダーも用意
旧Surface Pro 2との比較

 CPUについては、Core i3/5/7というおおざっぱなSKUしか情報が公開されていなかったが、Core i5は4300U(2.9GHz)、i7は4650U(3.3GHz)であることが明らかにされた。ただし、Microsoftでは調達の状況によって使用するパーツを変更することがあることから、今後、事前の発表なしにプロセッサ・ナンバーが変更になることもある。

 このほか、質疑応答などで明らかになったこととして、InstantGoの対応については、実機では対応と表示されるものの、まだ正式な見解は決まっていない、LTEモデルの予定は今のところないという。また、標準のACアダプタは、本体用の12V/2.58Aに加え、他のデバイスで利用できる5V/1A出力のUSBポートも用意されることが分かった。

 日本マイクロソフトでは、Surface Pro 3の発売に併せ、2つのキャンペーンを実施する。1つは、Surface Pro 3の購入者およびSuraface登録ユーザーを対象としたもので、「#私のSurface」ハッシュタグをつけて購入理由と場所をツイートすると、オリジナルのデスクトップテーマと特製バッグがもらえる。もう1つもTwitter関連で、「#1hour」をつけて、「毎日の限りある時間の中で、Surface Pro 3を使って毎日に+1時間の幸せを」というテーマでツイートすると、武道館で1人カラオケや、映画館のスクリーンでオンラインゲームなど、「最高の1時間」の実現をしてくれるというもの。

 また、法人向けにも日本マイクロソフトオフィスでセミナーを行なったり、直近では7月16日から開催の「Workstyle変革EXPO in東京ビックサイト」で展示が行なわれる。

当初搭載されるCore i5とCore i7
キャンペーンその1
もらえる特製バッグ
キャンペーンその2
付属のACアダプタはUSBポートもあり
本体に接続すると、コネクタが光る
タイプカバーの取り付け
ペンの頭を1回押すと、OneNote(ストア版)が起動
ペンの頭を2度押すと、OneNoteの画面キャプチャが起動
手書きで文字を書いているところ。ペン操作の際は、手のひらが付いてもタッチの反応はしない

(若杉 紀彦)