ニュース

Haswell Refresh搭載になった「VAIO Pro 11/13」

VAIO Pro 11
発売中

価格:BTO

 7月1日に発足したPC専業のVAIO株式会社は、ソニー時代の流れを汲むモバイルノート「VAIO Pro 11/13」のCPUを一新し、個人向けに受注開始した。

 Pro 11は最軽量時770gの11.6型、Pro 13は最軽量時940gの13.3型モバイルノートPC。仕様や特徴などはソニー時代と共通だが、プロセッサがHaswell Refreshに一新された。また、OSもWindows 8.1はUpdate適用済みとなる。

 選択できるCPUは、Core i3-4030U(1.90GHz、ビデオ機能内蔵)、Core i5-4210U(1.70GHz、同)、Core i7-4510U(2GHz、同)の3モデル。最小構成価格は、Pro 11が12万円(税別)、Pro 13が13万円(同)。

 このほか、メモリは4GB/8GB、SSDは128GB〜512GB(Pro 11はSATA 6Gbps、Pro 13はPCI Express x4接続)を選択可能。1,920×1,080ドット表示対応の液晶も、タッチ対応/非対応を選択できる(Pro 11は100g、Pro 13は120g増)。

 インターフェイスは、SDカードスロット、USB 3.0×2、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0+HS、HD対応Webカメラ、音声入出力などを備える。

 JEITA 2.0準拠のバッテリ駆動時間は、Pro 11が約9時間、Pro 13が約10.5時間。本体サイズは、Pro 11/タッチなしが約285×197×11.8〜15.8mm(幅×奥行き×高さ)、Pro 11/タッチありが約285×197×13.2〜17.2mm(同)、Pro 13/タッチなしが約322×216×11.3〜15.8mm(同)、Pro 13/タッチありが約332×216×12.8〜17.2mm(同)。

 このほか、エントリー向けの「VAIO Fit 15E」もHaswell Refresh搭載となった。最小構成価格は10万円(税別)から。

VAIO Pro 13
VAIO Fit 15E

(劉 尭)