ニュース

東芝、キーボード部“だけ”が着脱するYoga型ノート

〜7つのスタイルで利用可能

dynabook KIRA L93
6月下旬 発売

価格:オープンプライス

 株式会社東芝は、キーボードが着脱可能で、360度回転ヒンジを備えるクラムシェルノートPC「dynabook KIRA L93」を6月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は23万円前後の見込み。

 レノボの「Yoga」シリーズと同様、360度回転するヒンジを備えながら、ヒンジから手前のキーボード部だけが着脱できる変わったコンセプトのクラムシェルノートPC。これによりYogaでは実現できない、水平より少しチルトした「キャンバス」スタイルを実現でき、付属のデジタイザペンを利用した作業が楽に行なえるという。

 また、キーボードを分離させると、キーボードが自動的にBluetooth接続となる。このため本体をスタンドスタイルで立てながら文字入力できる「デスクトップ」モードが利用可能で、複数人でキーボード入力を行ないながら画面で内容を確認するといった利用方法も可能。

 キーボード側にはBluetooth接続時用のバッテリが内蔵されており、本体接続時に自動的に充電される。バックライト利用時は約2時間、非利用時は約8時間のタイピングが可能。また、表裏逆向けに装着することも可能で、このときキー入力が無効となるため、キーボードを装着したままのタブレット形態での誤入力を防げる。

 主な仕様は、CPUにCore i5-4210Y(1.5GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB(最大)、128GB SSD、2,560×1,440ドット(WQHD)表示対応13.3型ワイドClear SuperViewLEDタッチ液晶ディスプレイ、OSにWindows 8.1(64bit)を搭載する。

 インターフェイスは、microSDカードスロット、USB 3.0×2、Micro HDMI出力、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、背面500万画素/前面92万画素Webカメラ、電子コンパス、加速度センサー、ジャイロセンサー、照度センサーなどを搭載する。

 バッテリはリチウムポリマーで、駆動時間はJEITA 2.0で約9時間、JEITA 1.0で約10.5時間。本体サイズは約319.9×227×16.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.75kg(キーボード非装着時は約1.3kg)。

ノートPCスタイル
フラットスタイル
スタンドスタイル
テントスタイル
キャンバススタイル
デスクトップスタイル
タブレットスタイル

(劉 尭)