ニュース

東芝、NAND技術を不正取得したSK Hynixを提訴

〜SanDiskも米国で提起

 株式会社東芝は13日、NANDフラッシュメモリに関する機密情報を不正に取得、使用していたとして、韓国SK Hynixに対して損害賠償などを求める訴訟を東京地方裁判所に提起したと発表した。

 東芝がNANDで提携しているSanDisk日本法人の元従業員が、機密情報を不正に持ち出しHynixへ移籍、技術を漏洩した。この元従業員は3月13日に不正競争防止法違反(営業秘密開示)の容疑で逮捕され、事実を認めているという。

 今回の提訴はこの事実を受けたもの。NANDフラッシュメモリの機密が漏洩した疑義が生じ調査を進め、その過程で不正の事実が発覚したという。

 米SanDiskも同様に、Hynixを相手取り米国のサンタクララ高等裁判所で提起した。日本法人のサンディスクは、この元社員に対して警視庁に告訴状を提出している。

(山田 幸治)