ニュース

日本HP、AMD Temash搭載/タッチ対応の11.6型モバイルノートPC

HP Pavilion11 TouchSmart
9月6日 発売

価格:オープンプライス

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、11.6型モバイルノートPCの新ラインナップとして「HP Pavilion11 TouchSmart」を9月6日より量販店で発売する。価格はオープンプライス、店頭予想価格は70,000円前後の見込み。

 同社の11.6型は、クラムシェルの「HP Pavilion dm1」、液晶分離型の「HP ENVY x2」を展開しているが、新製品はこれに追加される形で3製品を販売する。Pavilion dm1のタッチ無し、ENVY x2の性能(Atom Z2760)という面を補う製品という位置付け。

 プロセッサにAMDのTemashこと「A6-1450」を採用。クアッドコアCPUとRadeon HD 8250を内蔵し、dm1との比較でCPU性能は約2倍、バッテリ駆動時間は同じ3セルながら、セル容量を増やしこちらも約2倍に強化されている。また、メモリは標準で8GBを搭載し、液晶はタッチに対応する。

 このほか、サラウンド機能「dts Sound+」、電源管理機能「HPピークシフト機能」、落下や衝撃などからHDDのデータを守る「HPプロテクトスマート・テクノロジー」を搭載する。

 主な仕様は、AMD A6-1450(最大1.40GHz)、メモリ8GB(最大8GB)、HDD 500GB、1,366×768ドット表示対応11.6型タッチ液晶、Windows 8 64bit、KINGSOFT Office 2012 Standardを搭載。

 インターフェイスは、USB 3.0×2、USB 2.0×1、Ethernet、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、ミニD-Sub15ピン、HDMI出力、SDカードスロット、約92万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。

 バッテリ駆動時間は約7.75時間。本体サイズは約290×217×23〜25mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.53kg。

(山田 幸治)