ニュース

日本マイクロソフト、「Surface RT」を7月14日まで1万円値下げ

〜値上げしたiPadと価格が逆転

Surface RT
6月13日 発表

 日本マイクロソフト株式会社は13日、Windows RTタブレット「Surface RT」を、6月14日より7月14日までの限定で1万円値下げすると発表した。

 これにより、32GBモデルは39,800円、64GBモデルは47,800円となり、タッチカバーセットもそれぞれ1万円値下げされる。

樋口泰行氏

 13日に行なわれた説明会で登壇した、同社代表執行役社長の樋口泰行氏は、まず6月7日に発売となったWindows 8タブレット「Surface Pro」がSurface RTに対して予約受付期間が半分だったにもかかわらず、予約数は2倍以上で、発売日以降も驚くほど引きが強いと、好調な出だしであることを紹介した。

 続けて樋口氏は、「PCが(iOS/Android)タブレットに食われているという論調もあるが、ユーザーが実際にタブレットを購入して使ってみると、PCに比べ思ったほど使えない機能があることに気付き始めている。タブレットの手軽さに、OfficeやPC周辺機器の対応といった利便性を持ったものがSurfaceであり、そういったユーザーのニーズをカバーするのに最適な製品だ」とし、期間限定ながら、Surface RTの価格を引き下げることを発表した。

 今回、樋口氏は、自ら「こんな品のないやり方の会見は初めてですが」と前置きしつつも、プレゼンに使われていたSurface Proを使い、自筆で「\49,800〜」という価格にバッテンを付け、その下に「\39,800〜」と書き添えた。

 同社が報道向けの説明会などで他社製品と比較をすることはあまり例がないが、同氏は5月末に価格を引き上げたiPadとの価格比較表を掲示。今回のキャンペーンによってSurface RTは、同じストレージ容量のものとの比較で、iPad miniに対しては3,000〜5,000円、iPad(Retina)に対しては20,000〜20,000円割安になることを紹介し、今回の戦略がiPad対抗であることを大胆かつ明確に示した。

 実際、今回の値下げキャンペーンは、Appleの値上げを受けて急遽決定されたもの。Appleの値上げと日本マイクロソフトの値下げ前まで、Surface RT 64GBの価格はiPad mini 64GBより13,000円高かったが、それが一気に逆転する。同社自身、Surface RTがiPadの代替になり得る対抗製品であるとの認知は低いと認めているが、ボーナス商戦に向け、価格を引き下げることで、Apple製品を買い控えているユーザーを、Surface RTへ引き込もうという狙い。

 樋口氏は、「我々はタブレット市場においては後発。チャレンジャーにはチャレンジャーの戦略が必要。円安ではあるが、それによって価格を上げるのは、ユーザーからは受け入れられない。相手が価格を上げるなら、こちらは引き下げる。“目には歯を”と言っていい」と、意気込みを語った。

樋口氏自らプレゼンに使っていたSurface Proを使い、デジタイザで書き込み
これまでSurface RT 32GBは49,800円だったが
7月14日まで39,800円になる
値下げ後のApple製品との価格比較

(若杉 紀彦)