ニュース

ソニー、最軽量770gの11.6型フルHDノート「VAIO Pro 11」

〜13.3型「VAIO Pro 13」も。PCIe SSDを搭載可能

VAIO Pro 11/13
6月22日 発売

価格:オープンプライス

 ソニーは、2013年夏モデルとして「VAIO Pro」シリーズを6月22日より発売する。価格はオープンプライス。

 6月5日にCOMPUTEX TAIPEIで発表された製品の国内版。11.6型の「VAIO Pro 11」、13.3型の「VAIO Pro 13」の2機種をラインナップする。クラムシェルタイプのノートPCで、薄型軽量やキーボードの使いやすさなどに加え、ソニーという会社の独自性を活かしオーディオビジュアルにも力を入れている。

 筐体はアルミと東レのUDカーボンで外観と軽量化を両立。デザイン面では天板だけでなく底面にも“VAIO”ロゴが入る。VAIO Pro 11はタッチパネル無しの最軽量時で約770g、タッチ付きでも約870gとなる。VAIO Pro 13はタッチ付きで約1,060g、タッチ無し(CTOのみ)は約120g軽くできる。両製品ともに、11型/13型クラスのタッチパネル搭載Ultrabookとして世界最軽量としている。なお、タッチ無しモデルはUltrabookロゴがなくなる。

VAIO Pro 11内部構造
VAIO Pro 13内部構造
VAIO Pro 11と13の比較

 キーボードは薄型化しながらも、両製品でキーストローク1.4mmを確保。キーピッチはVAIO Pro 11が17mm、VAIO Pro 13がフルサイズの19mm。バックライトを内蔵する。液晶を起こした際に、自然と奥側が持ち上がる機構になっており、傾斜が付いた状態でタイピングできる。また、パームレスト側と接地面の段差が少なくなる設計で、手首への負担を減らすよう配慮している。液晶のヒンジ機構はトルク可変タイプで、開き始めは軽い力で動き、90度あたりからタッチ操作を安定させるため重くなる。

 ディスプレイは1,920×1,080ドット(フルHD)対応のIPS方式。同社製TVなどで採用されてきたバックライトシステム「トリルミナス」のモバイル用を搭載。バックライトの光の拡散を抑制し、正面に集光させ少ない電力でも明るくできるという。また、超解像技術のモバイル版「X-Rality for mobile」を、YouTube動画やnasne連携ソフト「VAIO TV with nasne」などに適用できる。ステレオスピーカーは正面から見えない奥側に配置して液晶面の反射を利用し、CLEAR PHASE、xLOUD、S-FORCE Front Surround 3D、Clear Audio+などを搭載している。

 CPUはIntelの第4世代Coreプロセッサを搭載。バッテリ駆動時間はVAIO Pro 11が約11時間、VAIO Pro 13が約13時間。CTOで底面全体に取り付ける外付けバッテリも用意。駆動時間が約2倍になる。

VAIO Pro 11 ブラック
VAIO Pro 11 シルバー

 VAIO Pro 11の店頭モデルは、タッチ付きの「SVP11219CJB」(ブラック)と「SVP11219CJS」(シルバー)、タッチ無しの「SVP11218CJBI」(ブラック)を発売。店頭予想価格は前者が160,000円前後、後者が150,000円前後の見込み。

 タッチの有無以外はほぼ共通で、Core i5-4200U(1.60GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、SSD 128GB、フルHD対応11.6型ワイド液晶、Windows 8 64bit、Office Home and Business 2013を搭載。

 本体サイズはタッチの有無で厚さが異なり、タッチ無しは約285×197×11.8〜15.8mm(幅×奥行き×高さ)、タッチ有りは厚さが13.2〜17.2mmとなる。

VAIO Pro 13 ブラック
VAIO Pro 13 シルバー

 VAIO Pro 13の店頭モデルは「SVP13219CJB」(ブラック)、「SVP13219CJS」(シルバー)の1モデル2色。店頭予想価格は17万円前後の見込み。

 Core i5-4200U、メモリ4GB、SSD 128GB、フルHD対応13.3型タッチ液晶、Windows 8 64bit、Office Home and Business 2013を搭載。本体サイズは約322×216×12.8〜17.2mm(同)。

 インターフェイスはほぼ共通で、USB 3.0×2(1つは電源オフ充電対応)、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0+HS、HDMI出力、SDカードスロット、NFC、92万画素Webカメラ(Exmor R for PC)、音声出力、デュアルマイクなどを装備。NFCはタッチパッド部に内蔵する。付属のACアダプタは充電用USBポートを備える。

VAIO Pro 11 タッチ無し
VAIO Pro 13 タッチ無し

 カスタマイズ対応のCTOモデルは、Core i7-4500U(1.80GHz)などの上位メニューを用意。

 VAIO Pro 11のCTOモデル「SVP1121A1J」は、本体色、タッチの有無(タッチ無しはブラックのみ)、Core i7-4500U、SSD 256GB、Windows 8 Proなどを選択可能。最小構成の価格は128,800円。

 VAIO Pro 13のCTOモデル「SVP1321A1J」は、大きな特徴としてPCI Express接続のSSDを用意。PCIeバスの速度は20Gbps。容量は512GB/256GBを選択できる。このほか、Core i7-4500U、メモリ8GB、本体色、タッチの有無(タッチ無しはブラックのみ)、Windows 8 Proなどを用意。最小構成の価格は138,800円。

 アクセサリは、VAIO Pro同梱のACアダプタに取り付けられる無線LANルーター「VGP-WAR100」を用意。ACアダプタのUSBポートに挿して一体化できる。インターフェイスはWAN用Ethernetを装備。インターネットが有線LANのみの環境(出張など)の利用に適した製品。規格はIEEE 802.11b/g/n、通信速度は150Mbpsをサポート。

VGP-WAR100
ACアダプタとUSBで接続
ACアダプタと一体化できる

(山田 幸治)