ニュース

Western Digital、世界初の5mm厚2.5インチHDD

「WD Blue WD5000MPCK」
4月23日(現地時間)発表

 米Western Digitalは23日(現地時間)、大容量/モバイル端末向けの2.5インチHDDである「WD Blue」シリーズに、世界初となる5mm厚モデルを追加した。同日より、代理店およびOEM顧客向けに出荷開始しており、実売価格は89ドル。

 WD Blueのこれまでのラインナップは7mm厚と9mm厚で、容量は250GB〜1TBだったが、今回発表された「WD5000MPCK」は500GBで5mm厚を実現した。これにより、Ultrabookへの実装が容易になるほか、重量の面でも9.5mm厚品と比べ、最大36%軽量化される。

 薄型化のため、コネクタには小型フォームファクタ向けSATA規格であるSFF-8784エッジコネクタを採用している。

 インターフェイスはSATA 6Gbps、回転数は5,400rpm、バッファは16MB、平均待ち時間は5.5ms、騒音はアイドル時15dBA、シーク時17dBA、消費電力はアイドル時0.55W、動作時1.5W。本体サイズは69.85×100.3×5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は74g。

 なお、同社は同日付けで、高性能モデル「WD Black」シリーズに、5mm厚のハイブリッドHDDも発表しており、OEM顧客とシステムインテグレータ向けに出荷開始している。

(若杉 紀彦)