ニュース

NEC AT、1,300Mbpsの802.11ac対応無線LANルーター

〜USB 3.0/867Mbpsの子機も

「AtermWG1800HP/1400HP」
4月初旬より順次発売

価格:オープンプライス

 NECアクセステクニカ株式会社は、IEEE 802.11ac(ドラフト)規格に対応した無線LANルーター「AtermWG1800HP」などを4月初旬より順次発売する。価格はオープンプライス。

 AtermWG1800HPは、最大で1,300Mbpsの高速通信に対応する無線LANルーター。NECが独自に開発した電磁ノイズ抑制技術「μEBG構造」を世界で初めて適用しており、電気回路から発生する電磁ノイズを抑制し、通信速度の低下を防いでいる。また、NECが開発した「μSRアンテナ」を業界で初めて採用し、プリント基板上のアンテナの専有面積を従来機より88%削減し、筐体の小型化を図った。

5GHzのシルク印刷の右上にある渦巻き模様がμEBG構造
Fの字のようなのが従来機のアンテナ。
基板左上などにある凹のような色の濃い部分が新しいμSRアンテナ

 主な仕様は、対応規格がIEEE 802.11a/b/g/n/ac(5GHz+2.4GHz)で、最大転送速度が1,300Mbps、対応セキュリティは、WEP、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)、有線LANは5ポートでいずれもGigabit Ethernet対応、ストレージやWebカメラを接続するUSB 2.0ポートも備える。本体サイズは約33×111×170mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約400g。

 店頭予想価格は19,000円前後。2台をセットにした「イーサネットコンバータセット」は35,000円前後。

 ほぼ同仕様で、最大転送速度が867Mbpsの「AtermWG1400HP」も同時発売で、店頭予想価格は単体が16,000円前後、イーサネットコンバータセットが29,000円前後。

 また、USB 3.0対応で最大転送速度867Mbpsの無線LAN子機「AtermWL9000U」を5月中旬より発売。店頭予想価格は単体が9,000円前後、AtermWG1400HPとのセットが23,000円前後。

 本体サイズは約28×86×14mm(同)、重量は約20g。

(若杉 紀彦)