ニュース

AMD、クロックと電力効率の向上を両立させたAPU「Richland」を正式発表

〜顔認証ログインなどの新機能も追加

新ロゴのAPU
3月12日(現地時間)発表

 米AMDは12日(現地時間)、「Trinity」の後継となるAPU「Richland」ことAMD A-5000シリーズを正式発表した。OEM向けにはすでに出荷開始されており、搭載製品は4月にも登場予定。

 今回発表となったのは、通常電圧のパフォーマンスモバイル向け4製品。プロセスルールは32nm SOIで、ダイやプラットフォームはTrinityと共通だが、性能や効率を向上させる改善を施した。性能については、クロックを向上。最上位で比較すると、新製品のA10-5750Mは、CPU定格クロックが200MHz、GPUベースクロックが37MHz高くなっている。また、対応メモリクロックが、1,600MHzから1,866MHzへ引き上げられた。

 GPUコアは、Radeon 8000Gシリーズを搭載。従来の7000Gシリーズと仕様面での差異はないが、Intelの競合製品より50%以上高い性能を発揮するとしている。

 電力効率については、Turbo COREに関して、アナログ温度センサーをAPUに内蔵させ、CPUとGPUの温度/消費電力をより高い精度で調整することで、改善を図った。具体的数値としては、Trinity A10-4600M(2.3GHz)と比較して、Richland A10-5750M(2.5GHz)は、Windowsのアイドル時と、Wi-Fiを使ったWebブラウジング時で0.3Wほどシステムの消費電力が抑えられており、45Whのバッテリ換算では12〜30分ほど駆動時間が長くなるという。また、ハードウェア動画エンジンのVCEを強化し、720pの動画再生時の消費電力は3.2W削減し、バッテリ駆動時間は1.2時間引き延ばした。

 新製品のTDPはいずれも35Wだが、Configurable TDPに対応し、OEMメーカーは筐体などの熱設計にあわせてCPUのTDPを調整できる。

【各製品の主な仕様】
モデルナンバー A10-5750M A8-5550M A6-5350M A4-5150M
CPUコア 4基 4基 2基 2基
定格クロック 2.5GHz 2.1GHz 2.9GHz 2.7GHz
Turboクロック 3.5GHz 3.1GHz 3.5GHz 3.3GHz
L2キャッシュ 4MB 4MB 1MB 1MB
Radeon 8650G 8550G 8450G 8350G
GPUコア 384基 256基 192基 128基
GPU定格クロック 533MHz 515MHz 533MHz 514MHz
GPU最大クロック 720MHz 720MHz 720MHz 720MHz

 独自のソフトウェアを使った機能追加もなされており、これまでの、動画/静止画の画質を向上させる「Perfect Picture HD」、動画の手ぶれを補正する「Steady Video」、ネットワークのQoSを行なう「Quick Stream」のほか、「Gesture Control」、「Face Login」、「Screen Mirror」が新搭載された。

 Gesture Controlは、カメラに向かってジェスチャーをすることで操作を行なうもの。ブラウザや、画像表示、プレゼンテーションなどの簡単な操作ができる。Face Loginは顔認証でOSにログインしたり、特定のサイトへのパスワード入力を自動化する。Screen Mirrorは、Wi-Fi経由でDLNA対応のTVなどにPC内の写真や動画を再生させる機能。また、Wi-Fi Directによるワイヤレスディスプレイにも対応する。

 また、スタンバイやレジュームから復帰させた際に、即座にシステムが動作するよう反応性を改善。無線LANコントローラメーカー各社とも協業しており、ノートPCの天板を開けて1〜2秒の内に、システムがオンになり、ネットワークにも繋がっている状態になるという。前述のFace Login機能を組み合わせると、パスワード入力操作も省略できる。同社ではこの機能を「Start Now」と呼んでいる。

 このほか、製品ロゴを刷新。「Vision」という括りはなくなり、「ELITE QUAD-CORE」などの文字で位置付けを示す。

 なお、薄型ノート向けの低電圧版は上半期後半に予定されている。

Trinityとの消費電力比較
Intel製品とのGPU性能比較
主にGPUを活用した独自機能を搭載
A4
A6
A8

(若杉 紀彦)