Amazon、KindleFire HDなど電子書籍端末を国内発売
〜Paperwhiteは8千円台。無料通信できる3Gモデルも

「Kindle Fire HD」

10月24日 発表
価格:8,480〜19,800円



 Amazon.co.jpは24日、電子書籍端末「Kindle」シリーズ4製品を発表した。E ink採用の「Kindle Paperwhite」が11月19日、カラー液晶搭載の「Kindle Fire」シリーズが12月19日より出荷開始となる。

 Kindle Fireシリーズは7型のIPS液晶を搭載するモデル。電子書籍の閲覧だけでなく、音楽の再生や、Web閲覧、Facebook、Twitter、Angry Birds Spaceなどの幅広いアプリのインストールもできる。

 上位の「Kindle Fire HD」は、液晶が10点タッチ/1,280×800ドット表示対応で、OMAP4460(1.2GHzデュアルコア)を搭載。デュアルドライバステレオスピーカーによる高音質や、デュアルバンド(2.4/5GHz)/デュアルアンテナ(MIMO)技術によるWi-Fi高速接続性も訴求している。

 ストレージは16GBと32GBの2種類あり、価格は前者が15,800円、後者が19,800円。なお、いずれの製品もAmazonコンテンツは無料で制限なくクラウドに保存できる。

 インターフェイスは、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth、前面HDカメラ、ステレオジャック、Micro USB、Micro HDMIなどを装備。本体サイズは137×193×10.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は395g。バッテリ駆動時間は約11時間。

 下位の「Kindle Fire」は、液晶が2点タッチ/1,024×600ドット表示対応で、OMAP4430(1.2GHzデュアルコア)、8GBストレージを搭載し、価格は12,800円。

 インターフェイスは、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN(2.4GHz)、ステレオジャック、Micro USBなどを装備。本体サイズは120×189×11.5mm(同)、重量は400g。バッテリ駆動時間は約8.5時間。

 Kindle Paperwhiteは、2点マルチタッチ対応/解像度212ppiの6型E Inkディスプレイと画面を照らすライトを装備した電子書籍の専用端末。ストレージ容量は2GB。価格は8,480円。また、国内では契約不要で無料で通信できる3G機能(回線はNTTドコモ)を内蔵した「Kindle Paperwhite 3G」も用意され、価格は12,980円。

 インターフェイスはIEEE 802.11b/g/n無線LAN、Micro USBなどを装備。本体サイズは117×169×9.1mm(同)、重量は213〜222g。バッテリ駆動時間は最大8週間。

 電子書籍ストアのKindleストアは10月25日オープン。『光圀伝』、『ツナグ』、『テルマエ ロマエ』などをはじめとした最新ベストセラーやコミックなど、数万冊の品揃えを用意。多くのKindle本は通常の本より安価に提供するという。また、太宰治や芥川龍之介をはじめとした過去の作品を1万作以上を無料でダウンロードできる。購入したコンテンツはKindle以外に、iOS、Android端末でも読める。

Kindle Fire Kindle Paperwhite

(2012年 10月 24日)

[Reported by 若杉 紀彦]