Samsung、コンシューマ向けSSDの新製品を発表
〜TLC採用のSamsung SSD 840とMLC採用のSamsung SSD 840 PRO

「Samsung SSD 840 PRO」

9月24日(現地時間)発表



 Samsung Electonicsは24日、韓国ソウルにおいて、コンシューマ向けSSDの新製品「Samsung SSD 840」と「Samsung SSD 840 PRO」の発表会を開催した。Samsungは、ここ数年、SSDに注力しており、日本でも今年春からSamsungブランドでのSSDのリテール販売が開始されている。今回発表されたSamsung SSD 840/840 PROは、Samsung SSD 830の後継となる製品であり、Samsung SSD 830の登場時と同じく、競合製品の追従を許さない高いパフォーマンスと信頼性を目標としている。

2012 Samsung SSD Global Summitは、新羅ホテル内にある「迎賓館」で開催された 以前は本当に韓国で迎賓館として使われていた建物で、現在は、さまざまなイベントや有名人の結婚式などに使われている 最初にSamsung Electronicsのメモリブランドマーケティングチームのチーム長であるキム・オンス氏が挨拶をした

●メインストリーム向けのSSD 840とエンスージアスト向けのSSD 840 PRO

 SSD 840およびSSD 840 PROは、SSD 830の後継となる製品だが、名称からも分るように、前者がメインストリーム向け製品、後者が性能にこだわるエンスージアスト向けのハイエンド製品となる。SSD 840は、本体のみのベーシックキットのほかに、ノートPC向けキットとデスクトップPC向けインストールキットも用意される。インストールキットには、HDDからSSDに換装する際に必要な接続ケーブルやマウンタなどが付属する。

 SSD 840は、120/250/500GBの3モデルが用意されており、500GBモデルの性能は、シーケンシャルリードが最大540MB/sec、シーケンシャルライトが最大330MB/sec、4KBランダムリード(QD32)が最大98,000IOPS、4KBランダムライト(QD32)が最大70,000IOPSとなっている。フォームファクタは2.5インチで、厚さは7mm。

 SSD 840 PROは、128/256GB/512GBの3モデルが用意されており、512GBモデルの性能は、シーケンシャルリードが最大540MB/sec、シーケンシャルライトが最大520MB/sec、4KBランダムリード(QD32)が最大100,000IOPS、4KBランダムライト(QD32)が最大90,000IOPSと、現時点で最速といってよい性能を実現している。こちらもフォームファクタは840と同じ、2.5インチ7mm厚である。

 価格は米国でのリテール価格しか発表されていないが、840の120GB/250GB/500GB(ともにベーシックキット)は109.99/199.99/449.99ドル、840 PROの128GB/256GB/512GBは149.99/269.99/599.99ドルとなっている。

 同社SSDは、外観にもこだわっていることが特徴であり、前モデルのSSD 830では、ヘアライン加工を採用していた。新製品では、細かな砂でつや消し加工を行なうサンドブラスト加工に加え、表面にダイアモンドエッジ加工を施すなど、さらに洗練されている。ソフトウェア面も強化されており、SSD 830のインストールキットでは、データ移行ツールとしてNorton Ghostがバンドルされていたが、SSD 840では、Samsung独自の移行ツール「Samsung Data Migration」が提供され、より簡単にデータの移行が行なえるようになったとしている。

今回発表されたSSD 840シリーズ メインストリーム向けの「SSD 840」 SSD 840は、本体のみのベーシックキット以外に、ノートPCやデスクトップPC用のインストールキットも用意される。これはインストールキットのパッケージ
こちらはベーシックキットのパッケージ SSD 840の主なスペック。容量は120/250/500GBの3種類が用意されている 性能にこだわる人向けの上位モデル「SSD 840 PRO」
SSD 840 PROの裏面。外観にこだわり、SATAコネクタも旧モデルに比べて小型のものが採用されている SSD 840 PROのパッケージ。840 PROは、ベーシックキットのみが用意される SSD 840 PROの主なスペック。容量は128/256/512GBの3種類が用意されている
SSD 840/840 PROの筐体デザインを担当したシム・ヒョンソプ氏 前モデルのSSD 830とSSD 840、SSD 840 PROの性能比較。容量は512GBクラスでの比較。830に比べて840/840 PROは、ランダムアクセス時の性能が大きく向上している。なお、840のシーケンシャルライトは830よりも遅くなっている 同じく、前モデルのSSD 830とSSD 840、SSD 840 PROの性能比較。こちらは容量256GBクラスでの比較。512GBクラスと似た傾向である
SSD 840/840 PROのリテール価格(米国での価格)。SSD 840の120GBモデルのベーシックキットは109.99ドルで販売される予定だ 独自のデータ移行ツール「Samsung Data Migration」が提供される

●ドイツとイタリアでシェア1位を獲得

 次に、同社SSDの歩みとSSD 840/840 PROの特徴について紹介する。SSDのグローバルビジネスは、急速に成長を続けており、現時点でのカバー率は83%に達する。また、米国でのSSDリテール市場は好調であり、平均容量が増加し、GB単価も順調に下がっているという。Samsungは、ドイツとイタリアではSSDのマーケットシェア1位、イギリスでも2位を達成している。

 前述した通り、SSD 840はメインストリームPCユーザー向けの製品であり、性能と信頼性を重視している。それに対し、SSD 840 PROは、エンスージアストやITプロフェッショナル向けの製品であり、非常に高い性能と業務向けの機能を備えていることが特徴だ。

SSDのグローバルビジネスの拡大の様子。2010年に米国と韓国でSamsungブランドのSSDの販売を開始。2011年にはEU諸国や中国にも進出し、2012年には日本とオーストラリアでも販売を開始した。現時点でのカバー率は83%となる 米国におけるSSDリテール市場の平均容量とGB単価のトレンド。2012年1月の平均容量は126GBだったが、2012年8月には175GBまで増加しており、GB単価は1.5ドルから0.85ドルまで低下した 各国でのSSDのマーケットシェア。ドイツとイタリアではシェア1位を獲得しており、イギリスでもシェア2位を達成している
SSD 840の製品コンセプト。メインストリームPCユーザー向けの製品であり、性能と信頼性を重視している SSD 840 PROの製品コンセプト。エンスージアストやITプロフェッショナル向けの製品であり、非常に高い性能と業務向けの機能を備える

●NANDフラッシュの転送速度が3倍に向上し、新型コントローラーを搭載

 SSD 830とSSD 840/840 PROの仕様を比較すると、まず、NANDフラッシュの転送速度が133Mbpsから3倍の400Mbpsへと向上していることに気がつく。これはNANDフラッシュのインターフェイス規格がToggle 1.0からToggle 2.0へと進化したためである。なお、NANDフラッシュのプロセスルールは21nmとのことだ。

 コントローラーが自社開発であり、自社のNANDフラッシュの性能をフルに引き出せるということが、同社SSDのウリの1つだが、SSD 840/840 PROでは、この独自コントローラーも従来の「MCX」から「MDX」へと更新されている。MDXはMCXと同じトリプルコアだが、コアがARM 9からARM Cortex-R4に変更され、クロックも220MHzから300MHzに向上したため、処理性能が向上している。さらに、キャッシュ用DRAMの容量が256MBから512MBへと倍増していることもポイントだ(120GBや128GBモデルは256MBのまま)。

 840と840 PROでは、プラットフォームは共通だが、ファームウェアのチューニングが異なるほか、840 PROではエンタープライズ向けの機能も搭載している。また、搭載しているNANDフラッシュの仕様も異なり、840では1つのセルに3bitのデータを記録するTLCフラッシュメモリを採用しているのに対し、840 PROでは1つのセルに2ビットのデータを記録するMLCフラッシュメモリを採用している。

 一般的には、TLCはMLCよりも書き換え可能回数や信頼性などの点で見劣りするが、840では、進化したEnhanced TLCを採用し、さらに出荷時の状態でオーバープロビジョニング(予備領域の割り当て)を行なうことで、十分な寿命と信頼性を実現しているという。840の方が、容量が若干少なくなっているのは、このオーバープロビジョニングのためである。なお、840と840 PROでは保証期間も異なる。840の保証期間は従来と同じ3年間だが、840 PROでは従来よりも長い5年間を実現している。

 840 PROに搭載されているエンタープライズ向けの機能としては、WWN(World Wide Name)とLEDインジケータのサポート、AES256bitの暗号化機能が挙げられる。WWNやLEDインジケータのサポートは、840 PROをサーバーやストレージシステムに搭載するときに役立つ機能であり、AES暗号化は、SSDに記録されている情報をハードウェアレベルで暗号化するため、高いセキュリティを確保できる。

SSD 830とのスペック比較。NANDフラッシュの転送速度が133Mbpsから400Mbpsに向上し、コントローラーがMCXから後継のMDXに変更されている。MDXはMCXと同じトリプルコアだが、コアがARM 9からARM Cortex-R4に変更され、クロックも220MHzから300MHzに向上したため、性能が大きく向上。さらに、キャッシュ用DRAMの容量が256MBから512MBへと倍増している(120GBや128GBモデルは256MBのまま) 840と840 PROの違い。プラットフォームは共通だが、840 PROは、負荷の高い状況でも高い性能が出るようにファームウェアがチューニングされているほか、WWNやDASに対応し、5年保証がつく。840ではあらかじめオーバープロビジョニングがなされており、保証は3年間となる

●840 PROのベンチマーク結果は競合製品を上回る

 性能について解説するセッションでは、PCMark VantageやPCMark 7、Iometerを利用したベンチマーク結果が公開された。下のグラフを見れば分かるように、840 PROは、前モデルの830よりもパフォーマンスが高いことはもちろん、他社の競合製品と比べても頭一つ抜け出しており、現時点最速のSSDという称号を獲得することになりそうだ。メインストリーム向けの840のベンチマーク結果も非常に健闘しており、特にランダムアクセス性能は競合製品を上回っている。TLCでも、ここまでの性能が出るのであれば、性能に関する不満はない。

 また、SSDは、使い始めが最も高速で、使っているうちに性能が落ちてくるという性質があるが、SSD 840 PROは、性能が落ちてくるまでの時間が競合製品の2倍以上であり、性能が落ちた状態でも、競合製品の2倍近い性能を保っているという。

 消費電力が低いことも魅力だ。SSD 830も、競合製品に比べて消費電力がかなり低かったのだが、SSD 840/840 PROでは、競合製品より消費電力が1桁低いことも多々ある。MobileMark 2007によるバッテリ駆動時間テストでも、SSD 840 PRO搭載時は356分であったのに対し、競合製品C搭載時は306分であり、50分もの差が出ている。モバイルノートPCなど、バッテリ駆動時間を重視する製品にも最適といえるだろう。

 消費電力の具体的な数値は、840の平均が0.071W、アイドル時が0.046W、840 PROの平均が0.069W、アイドル時が0.054Wとなっている。

128GBクラスの製品でのPCMark Vantage計測結果。840 PROは、830よりもパフォーマンスが高いことはもちろん、競合製品と比べても頭一つ抜け出ている 同じく256GBクラスの製品でのPCMark Vantage計測結果。こちらも128GBクラスと同じく、840 PROが最も高いスコアを記録している こちらは128GBクラスの製品でのPCMark 7計測結果。やはり840 PROのスコアが最も高い
Iometerでのランダムアクセス性能の計測結果。840 PROはランダムリードで、100,000IOPSを達成するなど、非常に高性能だ 実際に840 PRO搭載マシンでIometerを実行し、その結果を見せていた。確かにIOPSが100,000を超えている 高性能を長時間維持できることもSSDの特徴である。840 PROは、競合製品の2倍以上の期間、性能が落ちず、性能が低下した後も競合製品の2倍近い性能を保っている。840も優秀だ
SSDは、平均消費電力やアイドル時の消費電力が低いことも魅力だ。840/840 PROでは、830に比べてさらに消費電力が下がり、競合製品に比べると1桁以上低くなっている。SSD 840搭載時のバッテリ駆動時間は356分と長いが、競合製品Cを搭載時のバッテリ駆動時間は306分であり、50分もの差が出ている

●mSATA版やSAS対応ハイエンドモデルの展示も

 今回の発表会は、あくまでコンシューマ向け製品のSSD 840/840 PROについてのものであり、OEM向けやエンタープライズ向け製品についての言及は一切なかったが、会場には、SSD 840シリーズの姉妹製品と思われる、OEM向け製品やエンタープライズ向け製品が展示されていたので、簡単に紹介する。

 SSD PM841は、SSD 840のOEM向け製品であり、スペックはほぼ同じだ。SSD PM841は、2.5インチ以外に、mSATA版も用意されている。SM843はデータセンター向け製品で、容量が120/240/480GBとなっており、オーバープロビジョニングの領域がSSD 840よりも大きい。書き換え回数や性能を重視しているのであろう。さらに、エンタープライズ向けのハイエンドモデルSM1625も展示されていた。こちらは厚さが15mmと、SSD 840シリーズの約2倍となっており、インターフェイスにSASを利用する。シーケンシャルリードとライトは1,100MB/secに達しており、非常に高速だ。容量も最大800GBまで用意されている。

SSD 840シリーズの姉妹製品である「SSD PM841」 SSD PM841の主なスペック。こちらはOEM向け製品である SSD PM841のmSATA対応版である「SSD PM841 mSATA」
SSD PM841 mSATAの主なスペック。こちらもOEM向け製品であり、Ultrabookなどに搭載される データセンター向けの姉妹製品「SM843」 SM843の主なスペック。容量が120/240/480GBとなっており、オーバープロビジョニングの領域が大きい
エンタープライズ/サーバー向けのハイエンドモデル「SM1625」 SM1625の主なスペック。15mm厚で、インターフェイスとしてSASを採用。シーケンシャルリードとライトは1,100MB/secに達する

(2012年 9月 25日)

[Reported by 石井 英男]