HGST、ヘリウムガスを充填したHDDプラットフォーム
〜3.5インチ7枚構成、消費電力と温度の低減を実現

9月13日 発表



 Western Digital(WD)グループのHGSTは13日、ヘリウムガスを充填したHDDプラットフォームを発表し、米国カリフォルニア州で開催されるWDの「Investor Day」でデモンストレーション展示を行なった。

 ヘリウムの気体密度は空気の7分の1程度で、HDD内部のヘッドやプラッタに与える気体の抵抗力を低減できるため、回転させるための消費電力を削減できる。また、機構系の設計自由度も高まり、7枚プラッタ構成のデザインを可能にするという。

 実証によると、一般的なHDDと比較して消費電力を約23%削減を実現。またプラッタを2枚増やしたことによる大容量化を考慮すると、1TBあたりの消費電力を約45%改善できるとしている。

 さらに、通常の空気より低い抵抗力と高い熱伝導性を持つため、HDDの静音化と動作温度の低減にも利点があるとしており、動作温度が約4℃低減したことが確認できたという。

 これまで、HDD内をヘリウムガスで充填することで得られる利点はよく知られていたが、生産プロセスにおける量産安定性を実現するためのプロセス設計が課題だった。HGSTは6年以上に渡て研究開発し、2013年中の製品化を目指す。

(2012年 9月 14日)

[Reported by 劉 尭]