Intel、P67とH67の機能を兼ね備えたIntel Z68 Expressチップセット
〜SSDを使ったキャッシュ機能も新搭載

5月11日 発表



 米Intelは11日(現地時間)、第2世代Coreプロセッサ用チップセット「Intel Z68 Express」を発表した。搭載マザーボードは各社から即日出荷開始される。

 従来の第2世代Coreプロセッサ用チップセットでは、オーバークロックやマルチビデオカードならIntel P67 Express、CPU内蔵のビデオ機能を利用するならIntel H67 Expressと、どちらかを選択する必要があったが、Intel Z68 Expressは両者の機能を網羅。加えて、新機能を搭載する。

 新機能の1つは、Intel Smart Response Technologyと呼ばれるもので、HDDに加えてSSDを搭載することで、SSDをHDDのキャッシュ代わりに利用し、性能を向上させるもの。キャッシュとして設定できるのは64GBまでと、比較的小容量だが、その安価な追加投資でHDDの性能を最大6割向上させられるとしている。

 もう1つは、Virtuと呼ばれるソフトウェアを利用することで、CPU内蔵GPUと外付けビデオカードを動的に切り替えられる。エンコードはCPU内蔵のQuick Sync Videoを、3Dゲームは外付けGPUを、と使い分けたい場合に好適となる。なお、この機能はIntel H67 Expressなどでも利用できる。

 その他の機能は従来通りで、対応メモリはDDR3-1333、拡張スロットはPCI Express x16×1かx8×2とx1×8、ストレージインターフェイスはSATA 6Gbps×6。このほか、USB 2.0×14やGigabit Ethernetを備える。

ブロックダイヤグラム

(2011年 5月 11日)

[Reported by 若杉 紀彦]