2014年9月16日

2014年9月12日

2014年9月11日

レノボとNEC、日本国内におけるPC事業の合弁会社を設立

記者会見にて

1月27日 発表



 NECとレノボは27日、日本国内におけるPC事業の合弁会社を設立すると発表した。これにより、国内最大のPC事業グループが誕生する。

 今回の提携で両社は、2011年6月中をめどに「NEC レノボ・ジャパン グループ」を発足。出資比率はレノボが51%、NECが49%で、合弁会社「Lenovo NEC Holding B.V.」を設立。登記上の本社はオランダで、本社機能は東京に置く。発足にあたり、NECはレノボが新規発行する1億7,500万ドル相当の株式を引き受ける。

 その傘下に、100%子会社として、現NECパーソナルプロダクツのPC事業を分離して設立する新会社、NECパーソナルコンピュータ株式会社と、レノボ・ジャパン株式会社が入る。新合弁会社では、現NECパーソナルプロダクツ代表取締役執行役員社長の高須英世氏が社長、現レノボ・ジャパン代表取締役社長のロードリック・ラピン氏が会長に就任する予定。

 新会社は、NECが持つ製品開発力と顧客サポートの強みと、レノボが持つ技術力やグローバルビジネス、サプライチェーンの相乗効果により、日本のPCユーザーのニーズにあった、より革新的で価格競争力に優れた製品の迅速な投入を目指す。PC事業での提携に加えて、タブレット端末などの開発/生産/販売に関する協力、サーバーなどの製品の販売協力なども、両者の強みを活かしていくことを検討する。

 なお、合弁会社設立後も両社は国内PC事業において、顧客サポート、製品供給、製品保証など、既存のPC関連業務を継続する。また、コンシューマ向製品では、NECとレノボのそれぞれのブランドも販売や保守などは従来通りの既存ルートで継続する。企業向けの製品については、NECブランドの製品は今後もNECが販売し、サポート体制を維持する。

 リリースの中で、レノボのYang Yuanqing(ヤン・ユアンチン)CEOは、「日本屈指の企業と戦略的提携関係を発表できることを私どもは誇りに思います。両社が力を合わせれば、強力なプレーヤーになれるだけではなく、日本のお客様に、より革新的で質の高い製品をご提供できると確信しています。レノボは日本におけるイノベーションで長い歴史を持ち、これからも日本市場に対して献身的に取り組んでいきます。今回の提携によってレノボの国際競争力と躍進力、そしてNECの市場におけるリーダーシップが合わさるこの組み合わせは、まさに完璧なパートナーシップです」と述べている。

 また、NECの遠藤信博社長は、「レノボは、NECにとってまさに最良のパートナーです。この提携は、NECと日本のPCユーザに対して今後も恩恵をもたらすものと信じています。この提携は、NECの国内のPC事業を更に強化し拡大するものであり、NECブランドのもと、これまでどおり高い品質とサービスによる製品を供給し続けるものであります。このパソコン分野における提携を第1歩として、NECは更にグローバルなITビジネスの拡大を加速していきます」とコメントしている。

 1月27日午後7時10分から、都内のホテルで行なわれた会見で、NECの遠藤信博社長は、「両社の開発連携による製品力強化、スケールメリットを活かした競争力強化、NECのビジネスPCの海外展開拡大が可能になる。また、事業連携領域のさらなる拡大にも踏み出す」とした。

 また、レノボグループのヤン・ユアンチンCEOは、「レノボとNECは、完璧な組み合わせである。レノボは日本においてイノベーションで長い伝統を持ち、強いパフォーマンスを実現してきた。こうした経験と適切な戦略によって、日本市場に引き続きコミットしていく。両社の合計シェアは26%ととなり、世界3大市場のうち、2つの市場でトップシェアになる」などとした。

 続報は追ってお伝えする。

(2011年 1月 27日)

[Reported by 劉 尭/大河原 克行]