ソニー、ハイスペック13.1型モバイル「VAIO Z」正式発表
〜SSD×4、フルHD液晶などを選択可能

VAIO Zシリーズ

3月6日 発売

価格:オープンプライス



 ソニーは、13.1型モバイルノートPC「VAIO Z」シリーズを3月6日に発売する。価格はオープンプライス。店頭モデルは「VPCZ119FJ/S」の1モデルが用意され、店頭予想価格は24万円前後の見込み。

 1月のInternational CESで公開された新モデル。最新のCalpellaプラットフォームを採用し、CPUにCore i3/i5/i7、GPUにGeForce GT 330M(1GB)を搭載。VAIO Zの特徴であるグラフィックスの切り替え機能は、GPUを使う「スピードモード」、CPU内蔵グラフィックス(IGP)を使う「スタミナモード」に加えて、自動的にグラフィックス機能を選択する「AUTOモード」を搭載。これに伴い、切り替えスイッチがどのモードへも1回の操作で切り替えられるよう直角三角形に変更された。

新しくなった切り替えスイッチ VPCZ119FJ/S

 筐体も新しくなり、ヒンジ部分がキーボード面と一体のアルミ押し出し/削り出しによる成型で剛性を高めた。加えて、各パーツから可能な限り重量を削減し、これの積み重ねによってさらなる軽量化を達成した。店頭モデルの重量は約1.36kg。このほか、照度センサーによるディスプレイ輝度を自動調整する省電力機能などを備える。

 カスタマイズ対応のVAIOオーナーメードモデルは、高スペックのオプションを用意。Adobe RGBカバー率96%、1,920×1,080ドットのフルHD液晶、SSD 4台によるRAID 0構成(最大512GB)を選択可能。このほか、CPU、メモリ容量、光学ドライブ、ワイヤレスWAN、WiMAXの各種通信モジュール、バックライト付きキーボード(日本語/英語)、Adobe製アプリ、Office、ATOKなどのソフトウェア、本体色やデザインなどを選択できる。なお、HDDを選択した場合は光学ドライブを搭載できない。DVDもしくはBlu-ray Discの光学ドライブを搭載する場合は、SSDとの組み合わせになる。

VAIOオーナーメードモデルでは本体色やデザインを選べる

 ディスプレイ出力や4ポートのUSB Hub、2ポートのLANを備える専用ポートリプリケーター「VGP-PRZ10」も同時発売。価格は15,800円。従来モデルよりもUSBとLANが1ポートずつ増加した。

専用ポートリプリケーター VGP-PRZ10

 店頭モデルの主な仕様は、Core i5-520M(2.40GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、SSD 128GB(64GB×2)、Intel HM57 Expressチップセット、GPUにGeForce GT 330M、DVDスーパーマルチドライブ、1,600×900ドット表示対応13.1型ワイド液晶、OSにWindows 7 Home Premium(64bit)、Office Personal 2007を搭載。

 インターフェイスはUSB 2.0×3、ExpressCard/34スロット、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、WiMAX、Bluetooth 2.1、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、FeliCaポート、SDカードスロット、メモリースティックデュオスロット、31万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。

 バッテリ駆動時間は約7.5時間(スタミナモード)、大容量バッテリは約11時間(同)。本体サイズは約314×210×23.8〜32.7mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約1.36kg。

(2010年 2月 16日)

[Reported by 山田 幸治]