東芝、世界初のSDXCカードを2010年春に発売

SDXCメモリーカード(左)

2010年春 発売
価格:オープンプライス



 株式会社東芝は4日、SDメモリーカード規格Ver. 3.0に準拠した「SDXCメモリーカード」を世界に先駆けて開発、商品化すると発表した。2009年11月にサンプル出荷、2010年春に発売する。

 容量はSDメモリーカードとして最大の64GBを実現。SDメモリーカード規格Ver. 3.0のインターフェイス規格であるUHS104に対応し、世界最速の転送速度を謳う。最大書き込み速度は35MB/sec、最大読み込み速度は60MB/sec。

 ファイルフォーマットはexFATで、既存のSD/SDHC対応デバイスでは利用できない。CPRMによる著作権保護機能を備える。

 重量は24×32×2.1mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.1g。

 また、SDHCカードとして同じく世界最速を実現したという容量16GBと32GBの製品をそれぞれ、2009年12月、2010年1月にサンプル出荷し、2010年春に発売する。書き込み速度は最大35MB/sec、最大読み込み速度は60MB/sec。インターフェイスはUHS104に準拠し、ファイルフォーマットはFAT32。

(2009年 8月 4日)

[Reported by 松山 靖之]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.