マイクロソフト、Windows 7にもMS明朝&MSゴシックを提供
〜以降のOSからはJIS2004のみをサポート

説明を行なった中川哲氏

7月13日 発表



 マイクロソフト株式会社は13日、次期OSのWindows 7において、JIS90互換フォントパッケージを10月1日よりダウンロード提供すると発表した。

Windows 7での標準フォントはJIS2004となるが、互換性を配慮し、JIS90互換フォントパッケージを別途提供する

 マイクロソフトでは、日本の国語政策や法令に準拠させるため、Windows Vistaより、JIS X 0213:2004(JIS2004)文字セットをOSの標準日本語フォントとして採用した。Windows XPまでは、JIS90を標準フォントととしていたが、JIS2004では、大まかに一部の文字における字形や、第3/4水準漢字が追加されているといった点がこれと異なる。

 JIS2004は基本的にJIS90に対する互換性があるので、一般的ユーザーにとっては、JIS90からJIS2004に切り替わることによって問題はほとんど発生しない。実際、同社コマーシャルWindows本部本部長の中川哲氏によると、Windows XPからVistaへの移行の際に、同社のコールセンターには、フォントに関する問い合わせや問題の報告はなかったという。

 ただし、字形の厳密な互換性が必要なユーザーに配慮し、同社ではWindows Vista向けにJIS90互換フォントパッケージ(MS明朝&MSゴシック)を、XP向けにJIS2004対応フォントパックを提供していた。

 今回、Windows 7においてもVista同様、JIS90互換フォントパッケージが提供されることが決定した。ただし、これはWindows 7が最後となり、それ以降のOSでは、JIS90互換フォントパッケージは提供されない。なお、Shift JISエンコーディングについては、今後のOSでも引き続きサポートしていく予定。

(2009年 7月 13日)

[Reported by 若杉 紀彦]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.