最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

マイクロソフト、Windows Vistaの日本語フォントをJIS2004対応に
〜ClearTypeの新フォント「Meiryo」を開発

7月29日発表



 マイクロソフト株式会社は29日、2006年後半リリース予定の次期OS「Windows Vista」に搭載される日本語フォントをJIS X 0213:2004規格に対応させ、新デザインのフォント「Meiryo」(メイリオ)として開発を進めていると発表した。

 これまでのWindowsに搭載されていた日本語フォントは、従来のJIS第1/2水準漢字(6,355文字)に加え、'98年にJIS補助漢字(5,801文字)を追加するなどの拡張を行なってきた。しかし、'90年に改正されたJIS規格の例示字体と同じ字体を採用していたため、一般書類の字体とWindowsやワープロなどで用いられている字体に不整合が生じていた。

 その問題を解決すべく、Windows Vistaでは「国語施策として示されている印刷標準字体」、「法令に基づく施策である新人名用漢字」に対応した最新のJIS2004規格対応の日本語フォントを搭載する。従来のMSゴシック3書体(MS ゴシック/MS Pゴシック/MS UI Gothic)、MS明朝2書体(MS 明朝、MS P明朝)のJIS2004対応は、株式会社リコーと共同で行なった。

 新デザインの「Meiryo」は、Sans serif系(角ゴシック)のClearTypeフォント。デザインは河野英一氏、マシュー・カーター氏、株式会社シーアンドジイが担当した。同社はメイリオのアピール点について「小さな文字サイズでも鮮明に読み取れるバランスの良いスタイルで、和文としての最大の特徴は、欧文との混合文を違和感なく表示できる」としている。

 これらの新フォントはWindows Vista Beta 1にも含まれている。MeiryoはWindows Vista向けのみの提供だが、JIS2004対応のMSゴシック3書体、MS明朝2書体はWindows XP向けにも提供される予定。

Meiryoのスナップショット

□マイクロソフトのホームページ
http://www.microsoft.com/japan/
□ニュースリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2353
□製品情報
http://www.microsoft.com/japan/windowsvista/
□関連記事
【5月3日】【本田】WinHEC 2005版"Longhorn"インストールレポート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0503/mobile291.htm

(2005年7月29日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.