富士通「LIFEBOOK PH50/C」
〜AMD E-350を搭載したモバイルノート



LIFEBOOK PH50/C

2月3日 発売
価格:オープンプライス



 富士通から登場した「LIFEBOOK PH50/C」は、AMDの最新モバイル向けプラットフォーム「Brazos」(コードネーム)を採用したモバイルノートだ。

 Brazosは、AMDがFusion APUと呼ぶ、CPUとGPUを同じダイに統合した製品の第1弾である「AMD E」シリーズまたは「AMD C」シリーズと、サウスブリッジの役割を果たすFCHから構成されている。前者のTDPは18W、後者のTDPは9Wであり、消費電力が低いことが特徴だ。AMD Eシリーズは、IntelのCULV CPU対抗であり、AMD CシリーズはAtom対抗として位置づけられる。

 LIFEBOOK PH50/Cは、富士通のノートPCで初めてBrazosを採用した製品である。今回、そのLIFEBOOK PH50/C(以下、PH50/C)を試用する機会を得たので、早速レビューしていきたい。

●最厚部27.5mmのスリムなボディを実現

 PH50/Cは、LIFEBOOKシリーズの新ラインナップとして登場した製品であり、筐体も新たに設計されている。角がやや丸みをおびており、柔らかい印象を受けるデザインだ。カラーバリエーションは、シャイニーブラック、ナイトブルー、ルビーレッドの3色が用意されており、好みに応じて選べるのも嬉しい。本体のサイズは、285×209×27.5mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約1.5kgである。本体はスリムで、天板がフラットなので、カバンなどへの収まりもよい。11.6型ワイド液晶搭載モバイルノートとしては、標準的な重量だが、気軽に持ち歩ける範囲だ。

 CPUとしては、AMD E-350(1.6GHz)を搭載する。AMD E-350は、現在発表されているAMD Eシリーズの中で最上位に位置する製品であり、デュアルコアCPUである。また、DirectX 11に対応したRadeon HD 6310 Graphicsと呼ばれるGPUを同じダイに集積していることが特徴だ。Radeon HD 6310 Graphicsは、CPUに統合されているGPUとしては高性能であり、H.264/VC-1/DivX/Xvidのハードウェアデコードに対応した動画再生支援機能「UVD3」を搭載する。なお、ソニーのBrazosプラットフォーム採用機であるVAIO Y(YB)も、同じAMD E-350を搭載しており、製品コンセプトも似通っている。

 標準搭載メモリは2GBだが、SO-DIMMスロットを2基備えており、最大4GBまで増設が可能だ。HDD容量は500GBと、このクラスの製品としては余裕がある。ちなみに、同じくAMD E-350を搭載したVAIO Y(YB)のHDD容量は320GBであり、HDD容量はPH50/Cのほうが大きい。プリインストールOSは、Windows 7 Home Premium 64bit版である。

PH50/Cの上面。試用機のボディカラーはナイトブルーだったが、他にシャイニーブラックとルビーレッドも用意されている 「DOS/V POWER REPORT」誌とPH50/Cのサイズ比較。フットプリントはほぼ同じだ 底面のカバーを外すと、メモリスロットやHDDにアクセスできる。メモリスロットとしてSO-DIMMスロットが2基用意されており、標準で2GB SO-DIMMが1枚装着されている

●11.6型ワイド液晶を搭載

 液晶として、11.6型ワイド液晶を搭載。解像度は1,366×768ドットで、このクラスのノートとしては標準的だ。光沢タイプなので、発色は鮮やかだが、周囲の外光の映り込みが気になることがある。液晶上部には、有効画素数約130万画素のWebカメラが搭載されており、モノラルマイクも装備しているので、ビデオチャットやUstream配信などに利用できる。

 キーボードは全88キーで、キーピッチは約19mm、キーストロークは約1.8mmだ。キー配列は標準的で、キーピッチも十分広いため、快適にタイピングが可能だ。ただし、「\」キーや「[」キーなどの一部のキーのピッチは約12mmと狭くなっている。

 ポインティングデバイスとして、フラットポイントと呼ばれるパッドタイプのデバイスを搭載する。フラットポイントは、ジェスチャー操作にも対応しており、操作性も良好だ。

光沢タイプの11.6型ワイド液晶を搭載。発色は鮮やかだが、外光の映り込みがやや気になる 液晶上部に約130万画素のWebカメラを搭載。ビデオチャットなどに利用できる
キーボードは全88キーで、キーピッチは約19mm、キーストロークは約1.8mm。配列は標準的だが、右側の「\」キーや「[」キーなどのキーピッチが狭くなっている ポインティングデバイスとして、フラットポイントと呼ばれるパッドタイプのデバイスを採用する

●必要にして十分なインターフェイスを搭載

 インターフェイスも、このクラスの製品としては十分なものを搭載している。USB 2.0×3、アナログRGB出力(ミニD-Sub15ピン)、HDMI出力、Gigabit Ethernetなどを備えているほか、メモリーカードスロットとして、SDメモリーカードとメモリースティックに対応したダイレクト・メモリースロットを搭載する。ワイヤレス機能は、IEEE 802.11b/g/n対応無線LANとBluetooth 3.0+HSをサポートするが、WiMAXには非対応だ。底面の手前左側には、ワイヤレススイッチが用意されており、確実にワイヤレス機能のON/OFFを行なえるので便利だ。

左側面には、ミニD-Sub15ピン、HDMI出力、USB 2.0が用意されている 右側面には、ヘッドフォン出力、マイク入力、USB 2.0×2、Gigabit Ethernetが用意されている
正面には、SDメモリーカードとメモリースティックに対応したダイレクト・メモリースロットが用意されている ダイレクト・メモリースロットのアップ

●公称約7.3時間の長時間駆動を実現

 従来のAMDのモバイルプラットフォームは、Intelに比べて消費電力が大きく、バッテリ駆動時間があまり長くないという印象があったが、Brazosプラットフォームは、消費電力についても大きく改良されており、Intelのモバイルプラットフォームと比べても、遜色のない低消費電力を実現している。PH50/Cの公称バッテリ駆動時間は約7.3時間であり、モバイルノートとして十分合格点を付けられる。

 実際に、バッテリベンチマークソフトの「BBench」(海人氏作)を利用し、1分ごとに無線LAN経由でWebサイトへのアクセス、10秒ごとにキー入力を行なう設定でバッテリ駆動時間を計測したところ、5時間49分の駆動が可能であった(電源プランは「バランス」に設定、バックライト輝度は中)。無線LANを有効にした状態で、これだけ持てば優秀といえる。

 ちなみに、似た構成のVAIO Y(YB)のバッテリ駆動時間の実測値は5時間28分で、公称バッテリ駆動時間も約6時間と、PH50/Cよりもやや短い。ただし、VAIO Y(YB)には、オプションとして大容量バッテリパックが用意されているが、PH50/Cは標準バッテリ以外のバッテリパックは用意されていない。

 なお、ACアダプタもコンパクトで軽く、本体と一緒に気軽に持ち運べる。

PH50/Cのバッテリ。10.8V/5,800mAhの6セル仕様である CDケース(左)とバッテリのサイズ比較
ACアダプタもコンパクトで軽い CDケース(左)とACアダプタのサイズ比較

●AMD E-350搭載機としては標準的な性能

 参考のために、ベンチマークテストを行なってみた。利用したベンチマークプログラムは「PCMark05」「PCMark Vantage」「3DMark03」、「FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3」、「ストリーム出力テスト for 地デジ」、「CrystalDiskMark」で、比較用にソニー「VAIO Y(YB)」、ソニー「VAIO Y(YA)」、パナソニック「Let'snote J9ハイパフォーマンスモデル」、NEC「VersaPro UltraLite タイプVC」、NEC「LaVie M」の値も掲載した。

 PCMark05のCPU Scoreは2830で、同じAMD E-350を搭載したVAIO Y(YB)とほぼ同じスコアとなっている。Intelプラットフォームとの比較では、CULV CPUであるCeleron SU2300とほぼ同程度のスコアで、Core i3-380UMよりは低い。AMD E-350は、統合GPUの描画性能が比較的高いことが特徴であり、Graphics Scoreは2555と、Core i3-380UMやCeleron SU2300などに比べて高い。総合的にみて、CPU性能はCore i3-380UMの8割程度だが、グラフィックス性能は2倍程度と考えればよいだろう。動画再生については、YouTubeの1080p動画は多少コマ落ちしてしまうが、720pなら問題なく再生が可能であった。

 Windowsエクスペリエンスインデックスの結果は、プロセッサが「3.8」、メモリが「5.5」、グラフィックスが「4.1」、ゲーム用グラフィックスが「5.6」、プライマリハードディスクが「7.0」であり、プロセッサがやや低いが、それ以外はなかなか優秀だ。

 なお、富士通ではPH/50Cの特徴の1つとして、解像度の低いネット動画を高画質で綺麗に再生できる「くっきり機能」の搭載を挙げているが、これは富士通の独自機能というわけではなく、AMD E-350に搭載されている動画高画質化機能である。くっきり機能に関する設定は、Catalyst Contol Centerから行なう。

【表】ベンチマーク結果

LIFEBOOK PH50/C VAIO Y(YB) VAIO Y(YA) Let'snote J9ハイパフォーマンスモデル VersaPro UltraLite タイプVC LaVie M
CPU AMD E-350(1.6GHz) AMD E-350(1.6GHz) Core i3-380UM(1.33GHz) Core i5-460M(2.53GHz) Core i7-620UM(1.06GHz) Celeron SU2300(1.2GHz)
ビデオチップ CPU内蔵コア CPU内蔵コア CPU内蔵コア CPU内蔵コア CPU内蔵コア Intel GS45内蔵コア
PCMark05
PCMarks N/A 2860 N/A 7746 5092 2826
CPU Score 2830 2758 3586 7149 3596 2966
Memory Score 2056 2034 3465 5629 3965 3066
Graphics Score 2555 2444 1572 2239 1684 1397
HDD Score 4803 5097 5251 28319 16265 4948
PCMark Vantage 64bit
PCMark Score 2271 N/A 3219 未計測 未計測 未計測
Memories Score 1634 N/A 2045 未計測 未計測 未計測
TV and Movie Score 1496 N/A 2331 未計測 未計測 未計測
Gaming Score 2042 N/A 2093 未計測 未計測 未計測
Music Score 2607 N/A 3529 未計測 未計測 未計測
Communications Score 2363 N/A 2829 未計測 未計測 未計測
Productivity Score 1568 N/A 2907 未計測 未計測 未計測
HDD Score 2617 N/A 3063 未計測 未計測 未計測
PCMark Vantage 32bit
PCMark Score 2191 2041 未計測 未計測 未計測 未計測
Memories Score 1527 1553 未計測 未計測 未計測 未計測
TV and Movie Score 1576 1560 未計測 未計測 未計測 未計測
Gaming Score 1777 1789 未計測 未計測 未計測 未計測
Music Score 2526 2510 未計測 未計測 未計測 未計測
Communications Score 2153 2083 未計測 未計測 未計測 未計測
Productivity Score 1520 1473 未計測 未計測 未計測 未計測
HDD Score 2655 2676 未計測 未計測 未計測 未計測
3DMark03
1024×768ドット32ビットカラー(3Dmarks) 5845 5633 2802 3345 2714 2048
CPU Score 547 426 613 1144 771 495
FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3
HIGH 2238 2124 1317 2445 1631 1367
LOW 3487 3286 1910 3893 2410 1995
ストリーム出力テスト for 地デジ
DP 59.67 56.6 77.7 98.27 100 76.43
HP 99.97 99.97 99.97 99.97 100 99.97
SP/LP 99.97 99.97 100 99.97 100 99.97
LLP 99.97 99.97 100 99.97 100 99.97
DP(CPU負荷) 62 72 37 29 27 68
HP(CPU負荷) 48 61 21 13 13 42
SP/LP(CPU負荷) 29 41 20 8 8 28
LLP(CPU負荷) 22 44 14 6 8 22
CrystalDiskMark 2.2
シーケンシャルリード 78.38MB/sec 70.34MB/sec 88.75MB/sec 189.4MB/sec 164.2MB/sec 60.31MB/sec
シーケンシャルライト 77.35MB/sec 75.5MB/sec 87.92MB/sec 154.6MB/sec 39.58MB/sec 66.25MB/sec
512Kランダムリード 32.48MB/sec 30.76MB/sec 35.09MB/sec 172.5MB/sec 142.6MB/sec 27.50MB/sec
512Kランダムライト 33.71MB/sec 39.55MB/sec 43.82MB/sec 106.2MB/sec 34.53MB/sec 31.19MB/sec
4Kランダムリード 0.448MB/sec 0.422MB/sec 0.443MB/sec 12.8MB/sec 7.629MB/sec 0.369MB/sec
4Kランダムライト 1.081MB/sec 1.395MB/sec 1.500MB/sec 20.91MB/sec 13.66MB/sec 0.984MB/sec
BBench
Sバッテリ(標準バッテリ) 5時間49分 5時間28分 5時間14分 未計測 4時間23分 3時間39分
Lバッテリ なし 未計測 未計測 10時間15分 未計測 7時間26分
Xバッテリ なし なし なし なし なし なし

PH50/CのWindowsエクスペリエンスインデックスの結果。プロセッサのスコアが3.8とやや低いが、それ以外は4を超えており、なかなか優秀だ Catalyst Control Centerのその他のビデオ設定で、動画の高画質化機能の設定が可能だ。富士通のサイトには推奨設定が記載されている

●モバイルノートとしての完成度は高く、コストパフォーマンスも魅力

 PH50/Cは、AMD E-350を搭載したことで、モバイルノートとして十分なパフォーマンスとバッテリ駆動時間を実現しており、製品としての完成度は高い。

 ライバル機のVAIO Y(YB)と比べた場合、HDD容量はPH50/Cが500GB、VAIO Y(YB)が320GBなので、PH50/Cのほうが多い。バッテリ駆動時間についても、PH50/Cのほうが優秀であり、実売価格もPH50/Cは8万円前後で、VAIO Y(YB)の10万円前後に比べて安い。

 一方、バンドルアプリケーションに関しては、VAIO Y(YB)が「Office Home and Business 2010」がプリインストールされているのに対し、PH50/Cは「Office Personal 2010」なので、PowerPointやOneNoteが必要ならVAIO Y(YB)をお勧めするが、WordとExcel、Outlookだけでいいのなら、コストパフォーマンスの高いPH50/Cをお勧めする。動画エンコードなどの重い作業をしないのなら、十分メインマシンとして利用できるマシンであり、ネットブックからのステップアップにもぴったりだ。

バックナンバー

(2011年 2月 17日)

[Text by 石井 英男]