日本エイサー「Aspire Timeline AS3810T」
〜Core 2 Duo搭載で9万円を切るスリムモバイルノート



日本エイサー「Aspire Timeline AS3810T」

発売中

実売価格:89,800円前後



 日本エイサーから登場した「Aspire Timeline AS3810T」は、デュアルコアのCore 2 Duoを搭載しながら、実売9万円を切るスリムモバイルノートである。Aspire Timelineシリーズは、13.3型ワイド液晶搭載の「AS3810T」、14型ワイド液晶搭載の「AS4810T」、15.6型ワイド液晶搭載の「AS5810T」の3モデルがあるが、日本ではAS3810TとAS4810Tの2モデルのみ発売される。

 Timelineシリーズは、ULV(超低電圧版)のCPUを搭載しており、LEDバックライトの採用や低消費電力設計によって、約8時間という長時間駆動を実現していることも魅力だ。Intelがマーケティングを開始したCULV(Consumer Ultra Low Voltage)と呼ばれるセグメントの製品で、低電圧で高性能でありながら、CPUの価格が従来よりも引き下げられており、これまで比較的高価だったモバイルノートを10万円以下で実現できるというものだ。

 今回は、このAspire Timeline AS3810T(以下AS3810T)を試用する機会を得たので、早速レビューしていきたい。

●Core 2 Duo SU9400とIntel GS45を搭載

 AS3810Tは、13.3型ワイド液晶を搭載したスリムモバイルノートであり、最薄部23.4mm、最厚部でも28.9mmという、スリムなボディが魅力の1つだ。天板にはつや消し仕上げのアルミニウム合金が採用されており、高級感を演出している。ボディカラーは濃いグレーで、落ち着いた印象を受ける。重量は約1.6kgで、このクラスの製品としては軽く、携帯性も合格だ。

 CPUはCore 2 Duo SU9400(1.4GHz)で、チップセットはグラフィックス統合型のIntel GS45 Expressを搭載する。メモリは2GB実装しているが、SO-DIMMスロットは2基備えており、最大4GBまでの増設が可能である。ただし、メモリスロットカバーを固定しているネジには破ると保証が無効になるシールが貼られているため、ユーザーによるメモリ増設は保証外となるようだ。なお、HDDベイカバーを固定しているネジの1本にも同じシールが貼られていた。HDD容量は250GBで、モバイルノートとしては十分な容量だ。

AS3810Tの上面。ボディカラーは濃いグレー1色のみだ。表面はつや消し加工されており、指紋が付きにくい 「DOS/V POWER REPORT」誌とのサイズ比較。AS3810Tのほうが横幅がかなり大きい DVDトールケース(右)との厚さ比較。最厚部でもDVDトールケースを2枚重ねた程度の厚さだ
AS3810Tの底面。メモリスロットやHDDベイのカバーが用意されている メモリスロットやHDDベイのカバーを固定しているネジには、封印シールが貼られており、破ると保証が無効になる

●1,366×768ドット表示の13.3型ワイド液晶を採用

 液晶のサイズは13.3型ワイドで、解像度は1,366×768ドットである。最近増えているアスペクト比16:9の光沢タイプの液晶だ。LEDバックライトを採用しており、消費電力の削減に貢献している。発色やコントラストについても不満はない。液晶上部には、100万画素Webカメラを搭載。Webカメラとしては高画質であり、720pのHD動画の撮影も可能だ。

液晶は13.3型ワイドで、解像度は1,366×768ドットだ。光沢タイプなので、発色は鮮やかでコントラストも高い 液晶上部に100万画素Webカメラを搭載

 キーボードは全91キーで、キーピッチは約19mmである。キートップとキートップの間の隙間が大きい、いわゆるアイソレーションタイプのキーボードで、キータッチは良好だ。キー配列もほぼ標準的だが、Enterキーの右側にもPgUpキーやPgDnキーなどが配置されているので、慣れるまで戸惑う人もいそうだ。

 ポインティングデバイスとしては、タッチパッドを採用。2本指でのマルチタッチ操作にも対応しており、拡大/縮小や回転操作、スクロール操作などが可能だ。タッチパッドのクリックボタンは、パッド手前に配置されているが、左右のボタンがシーソーのように一体になっているので、端のほうをしっかりと押さないと、ボタン入力が認識されないことがあった。タッチパッドの右上には、パッドのON/OFFを切り替えるボタンが用意されており、外部にマウスなどを繋いだときに、ワンタッチでパッドをオフにできるので便利だ。

全91キーで、キーピッチは約19mm。キートップとキートップの間の隙間が大きい、アイソレーションタイプのキーボードだ。Enterキーの右側にもキーが配置されていることには賛否両論がありそうだ マルチタッチ操作に対応したタッチパッドを装備。クリックボタンは手前に配置されているが、左右のボタンが独立しておらず一体になっている タッチパッドの右上のボタンによって、パッドのON/OFFの切り替えが可能。パッドを無効にすると、ボタンがオレンジ色に点灯する

●アナログRGB出力とHDMI出力を搭載

 インターフェイスとしては、USB 2.0×3、アナログRGB出力(ミニD-Sub15ピン)、HDMI出力、マイク入力、ヘッドフォン出力、Gigabit Ethernetを備えている。モバイルノートで、アナログRGB出力とHDMI出力の両方を備えた製品は珍しく、HDMI入力を備えた大画面テレビなどにも接続できる。メモリカードリーダとして、「5-in-1カードリーダー」を搭載しており、SDメモリーカード、MMC、メモリースティック、メモリースティックPRO、xD-Picture Cardを直接装着して、読み書きが可能だ。ワイヤレス機能も充実しており、IEEE 802.11b/g/nドラフト2.0対応無線LAN機能とBluetooth 2.0+EDRを搭載する。

左側面には、アナログRGB出力(ミニD-Sub15ピン)とUSB 2.0、マイク入力、ヘッドフォン出力が用意されている 右側面には、「5-in-1カードリーダー」とUSB 2.0×2、HDMI出力、LANが用意されている
右側面のポート部分のアップ 「5-in-1カードリーダー」のフタはダミーカード方式。SDメモリーカードを装着すると、わずかにはみ出す

●6セルバッテリで8時間の長時間駆動を実現

手前の中央のインジケーターは、バッテリの充電時にオレンジ色に点灯する

 バッテリは、11.1V/5,600mAhの6セル仕様で、公称約8時間の長時間駆動が可能だ。そこで、バッテリベンチマークソフトの「BBench」(海人氏作)を利用し、1分ごとにWebサイトへの無線LAN経由でのアクセス、10秒ごとにキー入力を行なう設定でバッテリ駆動時間を計測したところ、6時間17分もの駆動が可能であった(電源プランは「バランス」に設定し、バックライト輝度は中)。Athlon Neoと6セルバッテリを搭載する日本HPのHP Pavilion Notebook dv2では、同条件で計測したときの駆動時間は3時間15分であり、AS3810Tはdv2の2倍近く持つことになる。

 Let'snoteシリーズなどと比べても、遜色のないバッテリ駆動時間を実現していることは大きな魅力だ。ただし、ACケーブルのコネクタが3ピンのミッキープラグになっており、ケーブルがやや太いのが残念だ。

標準で6セルバッテリを採用 バッテリ仕様は11.1V/5600mAhで、容量は大きい CDケース(左)とバッテリのサイズ比較
付属のACアダプタ。ネットブックの一般的なACアダプタより一回り大きいが、携帯時に苦になるほどではない ACケーブルのコネクタは2ピンのメガネプラグではなく、3ピンのミッキープラグになっている CDケース(左)とACアダプタのサイズ比較

●デュアルコア搭載で、クラストップの性能を実現

 参考のためにベンチマークを計測してみた。利用したベンチマークプログラムは「PCMark05」、「3DMark03」、「FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3」、「ストリーム出力テスト for 地デジ」、「CrystalDiskMark」で、比較用に日本HP「HP Pavilion Notebook dv2店頭モデル」、「HP Pavilion Notebook dv2直販モデル」、NEC「LaVie Light BL350/TA6」、「VersaPro UltraLIte タイプVS」、MSI「X-Slim X340 Super」の値も掲載した。なお、AS3810TとHP Pavilion Notebook dv2、LaVie Light BL350/TA6については、BBenchのテスト結果も載せている。

Aspire Timeline AS3810Tのベンチマーク結果
  Aspire Timeline AS3810T HP Pavilion Notebook dv2店頭モデル HP Pavilion Notebook dv2直販モデル LaVie Light BL350/TA6 VersaPro UltraLite タイプVS X-Slim X340 Super
CPU Core 2 Duo SU9400(1.4GHz) Athlon Neo MV-40(1.6GHz) Athlon Neo MV-40(1.6GHz) Atom N280(1.66GHz) Atom Z540(1.86GHz) Core 2 Solo SU3500(1.4GHz)
ビデオチップ Intel GS45内蔵コア AMD M690G内蔵コア Mobility Radeon HD 3410 Intel 945GSE内蔵コア US15W内蔵コア Intel GS45内蔵コア
PCMark05
PCMarks 計測不可(エラー発生) 1678 2175 N/A 1850 2101
CPU Score 3629 1845 2129 1521 1739 2435
Memory Score 3576 2578 2713 2453 2456 3338
Graphics Score 1495 820 2018 N/A 319 1108
HDD Score 5200 3642 3926 8939 18226 5086
3DMark03
1,024×768ドット32ビットカラー(3Dmarks) 1615 1508 3453 N/A(1,024×600ドットでは638) 445 1552
CPU Score 561 564 714 N/A(1,024×600ドットでは240) 200 492
FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3
HIGH 1476 1504 2914 N/A 347 1427
LOW 2172 2174 4474 1459 550 2094
ストリーム出力テスト for 地デジ
DP 79.33 48.57 61.33 31.97 8.2 68.1
HP 99.93 99.67 99.83 88.2 31.2 99.97
SP/LP 100 99.83 99.87 99.37 99.93 100
LLP 99.97 100 99.9 99.93 99.97 100
DP(CPU負荷) 65 100 100 81 50 100
HP(CPU負荷) 36 87 77 80 53 61
SP/LP(CPU負荷) 24 53 43 64 42 35
LLP(CPU負荷) 18 36 35 38 34 28
CrystalDiskMark 2.2
シーケンシャルリード 66.58MB/s 48.22MB/s 53.35MB/s 83.31MB/s(Cドライブ)、56.50MB/s(Dドライブ) 107.4MB/s 未計測
シーケンシャルライト 57.82MB/s 50.64MB/s 41.73MB.s 40.39MB/s(Cドライブ)、54.63MB/s(Dドライブ) 112.4MB/s 未計測
512Kランダムリード 30.32MB/s 27.59MB/s 24.97MB/s 79.24MB/s(Cドライブ)、31.25MB/s(Dドライブ) 103.6MB/s 未計測
512Kランダムライト 32.58MB/s 37.19MB/s 32.76MB/s 29.44MB/s(Cドライブ)、31.23MB/s(Dドライブ) 102.8MB/s 未計測
4Kランダムリード 0.452MB/s 0.499MB/s 0.323MB/s 12.43MB/s(Cドライブ)、0.560MB/s(Dドライブ) 11.03MB/s 未計測
4Kランダムライト 1.147MB/s 1.220MB/s 1.058MB/s 1.928MB/s(Cドライブ)、1.551MB/s(Dドライブ) 10.36MB/s 未計測
BBench

6時間17分 3時間15分 2時間24分 7時間8分 未計測 未計測

 製品カテゴリ的には、HP Pavilion Notebook dv2やX-Slim X340 Superがライバルとなるが、CPU性能は、Athlon Neo MV-40を搭載するdv2やCore 2 Solo SU3500を搭載するX-Slim X340 Superに比べてかなり高い。Athlon NeoもCore 2 Soloもシングルコアなので、デュアルコアのCore 2 Duoを搭載したAS3810Tに比べて、CPU性能は低くなる。また、HDD容量が大きいため、CrystalDiskMarkのスコアも優秀だ。さすがに高速なSSDを搭載したLaVie Light BL350/TA6やVersaPro UltraLite タイプVSには及ばないが、ネットサーフィンや文書作成など一般的な利用方法においてパフォーマンス不足を感じることは少ない。

 AS3810Tの実売価格は89,800円前後であり、デュアルコア搭載のモバイルノートとしてはかなりお買い得だ。バッテリ駆動時間が長いので、外で使うことの多いヘビーモバイラーにもお勧めできるマシンだ。また、ネットブックでは性能的に不満があるが、さりとて光学ドライブを内蔵したA4ノートは欲しくないという人にも、AS3810Tは有力な選択肢となるだろう。これまでモバイルノートは、一般的なA4ノートよりも価格が高いことが多かったが、AS3810Tの登場によって、他社も刺激を受け、モバイルノートの中心価格帯が下がるというシナリオもあり得る。作りもしっかりしており、性能的にも十分なので、初心者にもお勧めだ。

バックナンバー

(2009年 6月 19日)

[Text by 石井 英男]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.