大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」

発売から100日を経過したWindows 7でPC業界は活性化したのか?



 Windows 7が、2009年10月22日に発売になってから、2010年1月29日でちょうど100日目を迎えた。またこの日は、2007年1月30日にWindows Vistaが発売になってから、3年を経過した日ともなった。

 果たして、Windows 7はどれぐらいの売れ行きを記録したのか。

 全国の量販店のPOSデータを集計するBCNの数値から、3年前に発売となったWindows Vistaの発売100日間の動きと比較してみたい。

 Windows 7が発売されてから100日間(2009年10月22日〜2010年1月29日)の量販店におけるPCの販売台数は、対前年同期比6.7%増となった。

 これは、Windows Vistaの発売100日間(2007年1月30日〜5月9日)のPCの販売台数が2.4%減であったことに比べると、Windows 7は、市場を喚起したことを証明する数字でもある。

 Windows Vistaでは、発売直後の出足は良かったものの、その後、互換性の問題が指摘されるといった理由から、売れ行きが急減速。100日間という観点では、前年割れという状況を余儀なくされた。

 だが、Windows 7は、Vistaの反省から互換性の問題に対し、ベータ版の段階から時間をかけて改善。さらに、Vistaで課題とされていた軽快性を実現することにこだわり、プロモーションにおいてもその点を前面に打ち出して訴求してきた。こうした取り組みが功を奏して、Windows 7によるPC販売は前年実績を上回る結果になったといえよう。

Windows Vista発売時の様子

 それはパッケージ版の売れ行きでも見てとれる。

 パッケージ版は、新OS発売直後に販売が集中するために、Windows Vistaの際にも高い実績をあげており、100日間の販売本数は前年同期比59.8%増となっている。だが、Windows 7のパッケージ版の販売本数は、それを遙かに上回る398.0%増という結果になっているのだ。実に前年同期比で約5倍という販売本数になっている。

 これらの数字をWindows Vista発売100日の実績を「100」として、指数化した場合、Windows 7発売後100日におけるPCの販売台数指数は125.2、パッケージの販売本数は271.8となる。Windows Vistaの発売時に比べて、その出足の良さは特筆できるものになっている。

 発売100日間の動きを、もう少し掘り下げてみよう。100日間での新OS搭載PCの構成比はどうなっているだろうか。

 PC本体の販売実績のうち、Windows Vista発売時の新OSを搭載したPCの販売比率は78.3%と4分の3を超える実績。それ以前のOSであったWindows XPの販売比率は18.1%となった。

 これに対して、Windows 7の際には、新OSの販売比率は63.8%と3分の2を下回るという状況。Windows Vistaが16.7%、さらにその前のOSとなるWindows XPが14.4%となった。

 Windows XPを搭載したネットブックが市場に残っていたことや、Windows Vista搭載PCでもそのままWindows 7が動作するスペックであったこと、さらには新OSへの移行キャンペーンが行なわれていたことで、旧OSの構成比が高いという結果になっている。

 なお、興味深いのは、Windows Vista発売時におけるMacintoshの構成比が3.5%であったのに対し、Windows 7発売時のMacの構成比が5.1%に上昇していることだ。Windows 7が発売となった2009年10月22日の前日に、アップルは新たなiMacとMacBookを出荷。これがMacのシェアを引き上げたともいえる。

Windows 7発売時の様子

 パッケージにおけるエディションの構成比はどうだろうか。

 Windows 7の発売100日間の構成比をみると、最も多いのがHome Premiumの63.8%。続いて、Professionalの19.5%、Ultimateの16.7%となっている。

 マイクロソフトでは、予想以上にUltimateの構成比が高いとしていたが、実は、Windows Vistaの時には、さらにUltimateの構成比が高かった。

 Windows Vistaの発売100日間の構成比では、Home Premiumが50.7%と半分。Ultimateが29.8%と約3割を占めていたのだ。そのほか、Home Basicが11.6%、Businessが7.9%。Windows Vistaのときには、Ultimateがかなり売れていたことがわかる。

 このように、Windows 7の発売100日間の動きは、Windows Vista発売時に比べても好調な売れ行きを示し、PC市場を喚起したと総括することできる。

 しかし、いくつかの観点から手放しでは評価できない部分もある。

 例えば、PCの販売金額という点では、2009年10月以降、毎月前年割れという状況が続いているからだ。とくに、主力となるノートPCの販売金額は、前年同月比5%減で毎月推移しており、一度も前年実績を超えていない。ネットブックに至っては、12月の販売金額は46.7%減、1月は44.7%減とほぼ半減している状況だ。

 また週次の動きでも、10月22日のWindows 7の発売日を含む、10月19日〜25日の集計から、1月25日〜31日までの15週のうち、PC全体では8週と半分以上が前年割れ、ノートPCでは11週間が前年割れとなっている。

 販売台数でも、PC市場全体で2週間、ノートPCでは5週間が前年割れとなっている。

 これに対して、好調なのがデスクトップPC。Windows 7発売前の2週間は、販売金額で33%減、販売台数で約20%減となっていたものが、Windows 7発売以降は、前年同週比2桁の伸びを示す週が相次ぎ、前年割れとなったのは、販売金額で3週間、販売台数では12月28日〜1月3日までの1週間だけだった。

 月次集計でも、販売金額では発売前の低迷が響いた10月のほか、1月には0.3%減とわずかに減少した程度。販売台数では毎月、前年実績を上回っている。12月には販売台数で10.9%増と2桁成長となった。

 Windows 7に搭載されたWindows Touch機能に対する評価が高かったのが、デスクトップPC好調の要因だといえる。

2009年10月〜2010年1月(月次推移) 販売台数 前年同月比推移(%) 出典:BCN
  デスクトップ ノート(ネットブック含む) PC全体 ネットブック
2009年 10月 102.2 124.0 119.3 129.0
11月 108.7 109.5 109.3 92.5
12月 110.9 99.6 101.8 66.1
2010年 01月 105.7 105.8 105.8 72.9

2009年10月〜2010年1月(月次推移) 販売金額 前年同月比推移(%) 出典:BCN
  デスクトップ ノート(ネットブック含む) PC全体 ネットブック
2009年 10月 87.4 95.6 93.6 102.1
11月 105.6 95.6 98.0 76.1
12月 108.6 94.7 97.9 54.3
2010年 01月 99.7 95.2 96.1 55.3

2009年10月5日〜2010年1月24日(週次推移) 販売台数 前年同月比推移(%) 出典:BCN
週開始日 デスクトップ ノート(ネットブック含む) PC全体 ネットブック
2009年 10月 05日 83.9 115.7 108.8 119.6
12日 87.6 121.3 114.2 144.3
19日 122.0 127.6 126.4 123.3
26日 117.0 121.6 120.6 114.4
11月 02日 110.9 119.0 117.2 98.0
09日 115.5 111.8 112.6 89.2
16日 115.0 112.5 113.0 96.0
23日 106.7 103.6 104.2 89.3
30日 110.9 97.6 100.2 73.4
12月 07日 106.9 92.9 95.6 62.6
14日 109.4 98.4 100.5 60.9
21日 115.2 104.3 106.3 67.7
28日 92.1 95.4 94.9 72.4
2010年 01月 04日 116.8 117.4 117.3 86.0
11日 104.5 110.1 109.0 72.0
18日 102.6 102.8 102.8 63.2
25日 110.5 98.5 100.6 60.7

2009年10月5日〜2010年1月24日(週次推移) 販売金額 前年同月比推移(%) 出典:BCN
週開始日 デスクトップ ノート(ネットブック含む) PC全体 ネットブック
2009年 10月 05日 66.4 88.7 83.0 90.2
12日 67.0 85.8 81.4 108.0
19日 113.9 102.3 105.1 105.5
26日 112.2 100.2 103.1 94.4
11月 02日 105.9 101.9 102.9 83.9
09日 108.7 98.6 101.0 77.0
16日 114.2 98.9 102.5 76.1
23日 106.6 92.7 95.9 70.2
30日 110.7 90.7 95.3 59.6
12月 07日 104.2 88.7 92.3 51.9
14日 106.2 94.7 97.3 50.1
21日 113.2 99.6 102.6 55.4
28日 89.7 87.5 88.0 58.9
2010年 01月 04日 108.5 106.9 107.2 69.1
11日 93.1 95.6 95.1 50.8
18日 97.7 90.6 92.2 46.3
25日 107.5 90.4 94.0 46.4

 注目されるのは、今後の売れ行きである。

 主要PCメーカー各社から、Windows 7搭載PC第2弾となる新製品が投入された1月18日〜24日の集計、1月25日〜31日の集計で、成長のペースがむしろ減速しているのも気になるところだ。

 PC全体の販売台数では1月18日〜24日の集計で2.8%増、1月25日〜31日では0.6%増。ノートPCでは1月25日〜31日の集計では1.5%減となっている。

 新製品の投入のタイミングでは、むしろ伸張がみられてもいいはずだ。

 マイクロソフトでは、今後も継続的なプロモーションを展開する姿勢を見せ、需要喚起に向けた準備を進めている。この2月の仕込みによって、進入学需要でどれぐらいの需要につなげられるかが注目される。