.biz

PC Watch .bizでは、法人向けの製品やサービスを取り上げます。

HP、2,048×1,536ドットの8型Windows 10タブレット

〜メモリ4GB/ストレージ128GBのハイエンド仕様

「Pro Tablet 608 G1」

 米Hewlett-Packard(HP)は18日(現地時間)、同社初となるWindows 10搭載の法人向け8型タブレット「Pro Tablet 608 G1」を発表した。

 法人向けではやや珍しい8型サイズで、可搬性を生かしてモバイル環境でOfficeアプリなどを利用することを想定。比率16:9ではなく4:3となる解像度2,048×1,536ドットのパネルを採用し、IEEE 802.11ac/a/b/g/n無線LAN(2x2 MIMO)のほかオプションで3G/4Gにも対応可能となっている。パネルはCorningのGorilla Glass 4で、筐体は金属加強を施し、12時間以上の耐久試験を通過するなど、堅牢性も高めている。

 また、前面にステレオスピーカーとデュアルマイクを備え、DTS Studio Soundやソフトウェアノイズキャンセリングに対応するなど、音質も訴求しており、ビデオ会議のほか、Windows 10の電子アシスタント「Cortana」の利用にも好適としている。

 そのほかの主な仕様は、14nm世代のAtom x5-Z8500(1.44GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ最大4GB、ストレージ最大128GBと、いわゆるAtom系タブレットとしてはハイエンドな構成となっている。

 インターフェイスは、200万画素前面カメラ、800万画素背面カメラ、microSDXCカードスロット、TPM 1.2などに加え、同社製品として初めてUSB Type-Cを採用する。センサー類は、加速度、電子コンパス、ジャイロスコープ、環境光などを装備。

 本体サイズは、137×207×8.35mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約420gより。バッテリ容量は21Whr。

 価格は479ドルよりとなっており、7月にWindows 8.1 Pro搭載モデル、8月にWindows 10搭載モデルを出荷開始する。

(若杉 紀彦)