やじうまPC Watch

とりあえず4K PCで「Diablo II」を遊んでみた

 こちらの記事(16年経ってもまだサポート。「Diablo II」の最新パッチが公開)でご紹介したとおり、約16年前の2000年7月に発売されたDiablo IIのパッチが公開され、Windows 10やOS X 10.11など最新バージョンのOSに対応した。

 この情報をみつけて、筆者自身「うわぁ、懐かしいなぁ」と思いつつ、「16年前のゲームをまだサポートするなんてBlizzardすげぇ」と、素直に感心した。1もプレイした筆者は、2の発売日に即買いし、夜を徹してプレイしたものだ。

 もうインストールディスクも処分してしまったのだが、今では価格も9.99ドルと当時より大分安くなっているので、ちょっとだけ遊んでみようかな……、と考えたのが運の尽き(?)だった。

 仕事中こっそりプレイしていたつもりが、隣のデスクにばっちり見つかったばかりか、あまつさえ「あれ〜若杉さん、まさか、ただ遊んでるんじゃないですよね? 4K修行僧として、4Kの検証をするんですよね?」という煽りまで喰らってしまった。

 「お、おう……。もちろんじゃん……。そのために購入したんだよ……」。

 筆者、これでも編集長なんですけどね……。

 と言うことで試してみた。まずは、公式サイトからダウンロード版を購入。ダウンロードが終わり、ファイルを実行すると、「Windows SmartScreen」によるセキュリティの警告メッセージが出た。この点はWindows 10に完全に対応できていない感もあるが、「詳細情報」を押せば、実行できる。このプログラムはダウンローダーで、実行するとゲーム本体をダウンロードする。本体のファイルサイズは1.49GB。ダウンロードが終わると、インストーラが立ち上がるので、「Install Diablo II」をクリックし、デスクトップに作成されたショートカットからゲームを起動する。

ダウンローダを実行すると、警告が
詳細情報を押せば、実行できる
実行すると、本体のダウンロードが始まる
ダウンロードしたら、インストールする

 プレイに使ったPCはデルの4K液晶搭載15.6型ノート「Inspiron 15 7000」。スペックは、Core i7-5500U、メモリ16GB、Radeon R7 M270、Windows 10搭載だ。ゲーム向けではないが、XP時代の2Dゲームなら、オーバースペックとすら言えるだろう。

 懐かしの起動画面を拝みつつ、ひとまずシングルプレイヤーを選択したが、何の問題も無く、あっさり起動した。そのためのパッチなのだから、当然と言えば当然だが。プレイもスムーズそのものだ。

十数年ぶりにDiablo IIの起動画面とご対面!
ゲームも問題なくスムーズに動く

 が、だが、である。

 画面が荒い。それもそのはず、このゲームはプレイ時の解像度が640×480ドットに固定されているので、4K液晶では縦横がそれぞれ4.5倍に引き伸ばされてしまうのだ。さすがに4K解像度は解像度設定の選択肢にないだろうと思っていたが、変更すらできないのをすっかり忘れていた。

Video Optionsに解像度の項目は存在すらしない
これが実際に27型4K液晶に映し出されている画面。とりあえず写真の解像度を4Kにしてあるので、拡大ボタンを大して等倍表示していただければ、その荒さが分かるだろう

 そこで調べてみると、「GLIDE3-to-OpenGL-Wrapper」なるユーティリティを使うと、解像度を変更できるらしいことが分かった。

 手順としては、まず、ダウンロードしたファイルを解凍し、中身を全てDiablo IIのインストールフォルダにコピーする。本来はここで、Diablo IIのインストールフォルダにあるはずのD2VidTst.exeを実行し、ビデオモードとして「3dfx Glide」を選ぶらしいのだが、最新版のDiablo IIにはD2VidTst.exeが存在しない。

 ないものはしょうがないので、そこはスルーし、Diablo IIの起動オプションに「-3dfx」を指定して起動するが、画面が表示されない。設定の問題なのか、D2VidTst.exeを実行していないからなのか、試行錯誤してみたところ、なぜかDiablo IIの起動後に、いったんCtrl+Alt+Delを押して、その画面をキャンセルすると、Diablo IIが起動することが分かった。

 だが、結論として、その苦労の甲斐なく、このユーティリティを使っても、標準のフルスクリーンモードでは解像度は640×480ドットのままだった。ウインドウモードにすると、解像度を変更できるが、それも1,600×1,200ドット止まりだった。連載の方でも書いているが、なかなか世間は4Kをフル活用させてくれない。

GLIDE3-to-OpenGL-Wrapperを使うと、ウインドウモードなら解像度を最大1,600×1,200ドットにできる
Diablo IIのプロパティで、ショートカットのリンク先にオプションの「-3dfx」を加えておく
とりあえずウインドモードにしたところ。4KにVGAでは小さすぎるし、クリックも不便
最大の1,600×1,200ドットにすれば、そこそこ快適な画面サイズに。Bilinear Filteringによるスムージングも効かせられる

 と言うことで、昨今の高解像度ディスプレイの恩恵は受けられないが、Windows 10でもきちんとプレイできることが分かった。価格も安いので、この機会に往年の名作をプレイしてみてはいかがだろう?

 ただし、このゲームが睡眠時間に与え得る甚大な影響について、筆者および編集部は何の保障もしないので、その点は注意されたい。

(若杉 紀彦)