やじうまPC Watch

米ゲーマー、FPSプレイ配信中に警察の部隊に突入される

 米国在住のFPSゲーマーが「Counter-Strike: Global Offensive」のプレイをTwitchで配信中の部屋に、警察の部隊が強制突入するという珍事(?)があった。

 といってもこのプレイヤーは何も違法なことなどしておらず、ただゲームをプレイしていただけ。そんなさなか、警察の元に発砲を行なっている者がいるとの通報があり、大型の銃を携えた警察の部隊が捜査のため突入したというのが事の顛末だ。

 突入時も配信中だったので、その様子は一部始終カメラに収められており、配信を観ていたユーザーが、それをYouTubeにアップロードし、公開されている。FPSをプレイ中の人が、リアルでも銃を突きつけられるという状況が注目を集め、まだ公開から1〜2日しか経過していないが、すでに再生数は200万回を超えている。

 この通報が、ゲームの音を聞き間違えただけなのか、あるいはいたずらによるものなのかは分かっていないが、動画を見る限り、このプレイヤーはヘッドフォンをしているので、近隣に大きな銃声が聞こえていたとは考えにくい。米国では、そういったいたずら目的で、「強盗がいる」など、嘘の通報を行ない、芸能人の自宅に警察を突入させるということがまれにあり、問題となっているようだが、この件もいたずらではないかとみられている。

(若杉 紀彦)