やじうまPC Watch

Microsoft、MS-DOS 1.1のソースコードを公開

〜ファイルサイズは300KB。Word for Windowsのソースも

3月25日(現地時間)発表

 米Microsoftは25日(現地時間)、MS-DOS 1.1、同2.0、およびWord for Windows 1.1aのソースコードを米国コンピュータ歴史博物館に寄贈するとともに、一般公開した。

 コンピュータ歴史博物館では、メーカーと協業し、記念碑として歴史的なソフトウェアのソースコード公開にも取り組んでおり、先日はApple II DOSのソースコードを公開している。

 MS-DOSは、1980年にIBMの依頼によりMicrosoftが開発、ライセンスしたOS。当時のMicrosoftの社員数は100人程度で、MS-DOSの開発にはその内35人がフルタイムであたったという。全ファイルのファイルサイズ合計は300KB足らず。

 Wordについては、1983年に最初のバージョンがDOS版として開発され、同時にその操作用インターフェイスとして初代「Microsoft Mouse」も発売。その後、1989年に初のWindows版Wordが発売された。

 これらがMicrosoft発展の礎となり、現在ではWindows 8は2億本のライセンスが出荷され、世界で10億人がMicrosoft Officeを利用するに至っている。

(若杉 紀彦)