イベントレポート

ソニー、さらに薄くなった世界最軽量10.1型「Xperia Z2 Tablet」

〜新スマートフォン「Xperia Z2」やSmartBandの詳細も

「Xperia Z2 Tablet」
会場:Fira Gran Via

会期:2014年2月24日〜27日(現地時間)

 Sony Mobile Communicationsは、Mobile World Congress(MWC) 2014開幕に合わせて発表会を開催し、10.1型Androidタブレット新モデル「Xperia Z2 Tablet」を発表した。また、最新フラッグシップスマートフォン「Xperia Z2」や、新興市場向けタブレット「Xperia M2」、1月に開催されたCES 2014でお披露目されたウェアラブルデバイス「SmartBand SWR10」の詳細も合わせて発表された。タブレットおよびスマートフォンは海外で今後順次、SmartBandは3月から世界60カ国以上で発売予定。日本での発売は未定だ。

 「Xperia Z2 Tablet」は、2013年に発売された10.1型Androidタブレット「Xperia Tablet Z」の後継モデルで、Wi-Fi(無線LAN)モデルと3G/LTE対応モデルをラインナップする。厚さが従来モデルから約0.5mm薄い約6.4mmになるとともに、重量もWi-Fiモデルが約426g、3G/LTEモデルが約439gと、従来モデルの約495gから軽くなった。10.1型タブレットとしては世界最薄・最軽量としている。本体サイズは266×172×6.4mm(幅×奥行き×高さ)で、フットプリントは従来モデルと同じ。本体が薄く軽くなったが、防水防塵には引き続き対応しており、防水性能はIPX5/8準拠へと強化された(防塵性能は従来同様IP5X準拠)。

 液晶は「トリルミナスディスプレイ for mobile」を採用。表示解像度は1,920×1,200ドットと従来と同じだが、パネルが進化するとともに、「Live Color LED」という新たなバックライトシステムの採用で表示色域が広がり、表示品質が向上。また、超解像技術「X-Reality for mobile」も搭載し、失われた情報を復元しつつ、高品質に動画を再生できるという。

 背面メインカメラは、撮像素子に約800万画素の「Exmor RS for mobile」を採用するとともに、Xperia Z1から搭載されているタイムシフト連写やARエフェクトといった撮影機能も備え、スマートフォン同等のカメラ機能に進化。加えて、ARエフェクトは動画撮影にも対応し、機能が向上している。サウンド機能についても、液晶前方に向かってダクトを備えるステレオスピーカーの搭載や、周囲の騒音を約98%カットできるデジタルノイズキャンセリングヘッドフォン対応などの機能強化を実現している。

 搭載プロセッサは、QualcommのSnapdragon 801(2.3GHz、クアッドコア)。メモリは3GB、ストレージは16GBまたは32GB。映像出力はMHL 3.0に対応。内蔵バッテリ容量は6,000mAh。OSのバージョンはAndroid 4.4、本体色はブラックとホワイトの2色をラインナップする。

「Xperia Z2 Tablet」
「Xperia Z2」

 「Xperia Z2」は、2013年に登場した「Xperia Z1」の後継となるフラッグシップスマートフォンだ。従来よりやや大きい5.2型液晶を採用しつつ、ベゼル幅を狭くすることで、本体の幅が約73.3mmとZ1より約0.7mm狭くなった。液晶パネルは、Xperia Z2 Tablet同様に新パネルと新バックライトシステムを採用する「トリルミナスディスプレイ for mobile」となり、表示品質が向上している。

 メインカメラのユニットはZ1と同等だが、搭載プロセッサが「Snapdragon 801」(2.3GHz)に強化されたことにより、4K動画の撮影(3,840×2,160ドット/30p)を新たにサポート。MHL 3.0対応の出力ポートを備え、ソニーの4K液晶TV「ブラビア」シリーズとケーブル1本で接続し、撮影した4K動画を再生できるという。

 動画撮影機能としては、撮影後に任意の部分をスローモーションにできる「タイムシフトビデオ」機能も新たに搭載される。そのほか、Xperia Z2 Tablet同様に各種撮影機能も進化している。

 サウンド機能も強化され、ハイレゾリューション・オーディオ音源の再生に対応。ハイレゾ音源対応スピーカーやヘッドフォンを利用することで、これまで以上に臨場感あるサウンドが再生できるという。また、Xperia Z2 Tablet同様のデジタルノイズキャンセリングヘッドフォンへの対応やフロントステレオスピーカーの搭載なども実現している。

 メモリは3GB搭載。内蔵バッテリ容量は3,200mAh。OSはAndroid 4.4を採用。本体色は従来同様ブラック、ホワイト、パープルの3色をラインナップする。

 現在、発表会を開催中で、製品や発表会の詳細は後ほどお伝えする。

「Xperia M2」(パープル)
「Xperia M2」(ホワイト)
「Xperia M2」(ブラック)
「SmartBand SWR10」

(平澤 寿康)