【COMPUTEX 2010レポート】
ASUS、スレート端末「Eee Pad」を発表
〜電子メモ用端末「Eee Tablet」も

新製品を紹介するASUSTeK会長のJonney Shih氏

会期:6月1日〜6月5日(現地時間)
会場:Taipei World Trade Center Nangang Exhibition Hall
   Taipei World Trade Center Exhibition Hall 1/3
   Taipei International Convention Center



 台湾ASUSTeKは31日(現地時間)、スレート端末「Eee Pad」をはじめとする新製品発表会を開催した。いくつかの製品群が発表されたが、ここでは話題をスレート端末に限定し、そのほかの製品は追ってブースレポートなどでお伝えする。

 なお、発表会では製品の詳細仕様はあまり公開されなかった。発売日や価格はすべて未定。また、ややあやふやな点もあることをご了承いただきたい。1日以降、ブースでは製品担当者が詳しい話をしてくれるそうなので、正しい情報が分かった際には追って別記事でカバーする。

 Eee Padは、その名が示すとおり、iPad型のスレート端末。製品全面がタッチ対応液晶となっており、厚さは1cm程度。液晶サイズ12型の「Eee Pad EP121」と10型の「同EP101TC」の2モデルが用意される。

 発表会では同社会長のJonney Shih氏が説明を行なった。その中で同氏は、一口にPad型製品と言っても、その目的や用途はユーザーや製品によって異なることを指摘。具体的には、文書作成などのオフィス用途、ブログの投稿や写真の簡単な編集、SNSなどの用途、そして音楽、動画、書籍の視聴/閲覧といった用途だ。

Eee Pad EP101TC Pad製品もいくつかの用途に分けられると同社

 そういった異なる要望に応えるため、2つのEee Padは単に大きさだけでなく、プラットフォームや利用スタイルを支える周辺機器なども異なっている。EP121のプラットフォームはCULV Core 2 Duoで、OSはWindows 7 Home Premiumを採用。スレートでありながら、通常のPCと同じフル機能のOSや、Flashなどを含むブラウザなどを利用可能で、Shih氏は妥協のない性能/機能を提供すると表現した。

 もちろんこの製品も、カジュアルなブラウジングやメディア再生に使えるが、同社ではビジネスマン向けの製品と位置づけている。そこで、本製品を取り付けて、折りたたむことのできるキーボードドックをオプションで用意。これにより、完全にノートPCと同じようなスタイルで利用できるようになる。ドックにはセカンダリバッテリも内蔵しているので、組み合わせると最大で10時間の駆動が可能となる。

 キーボードを持ち運ぶ必要がないユーザーには、USBなど拡張性に富むドックと、それにつながる無線キーボードなども用意される。

 展示品は完全なモックで、動作のスムーズさなどは不明だったが、スペックから一般的なCULVノートに近い性能は発揮するものと思われる。

展示品はモックで電源は入らなかった ノートPCスタイルにするためのドック 取り付けると、ノートPCとほぼ見分けがつかない
折りたたんだところ 左側面には電源や音量と思われるボタン類 右側面は、カードリーダ、HDMI出力、USBポート、音声入出力などが並ぶ
スタイラスも付属 こちらは、別のドックと無線キーボード ドックは豊富なコネクタを備える

 EP101TCは、単体でよりカジュアルな使い方を想定しており、立ち位置としてはiPadに近い。プロセッサもx86ではなく、NVIDIAのTegra(新世代)で、OSはWindows Embedded Compact 7となる。

 本体全体の大きさは不明だが、厚さは12.2mmで、重量は675gとiPadよりも軽い。こちらも、FlashやWindows 7ベースの数多くの機能が利用できることを売りにしている。

 こちらはかなり限定的ではあるが、動作する実機が公開された。トップ画面は、時計や、天気情報、未読メール数などが大きな文字で表示され、スマートフォン的なものとなっている。WindowsのStartボタンはなく、すべて画面上のアイコンをタッチして操作する。

 ブラウザなどは操作しなくても自動的に動いていたので、動画が再生されているだけの可能性もあるが、画面上を指でなぞって、スクロールさせたりするのはリアルタイムで動作していた。それを見る限りは、割とスムーズに動作していたというのが率直な印象だ。また、電子書籍にも対応するようだ。

 なお、同社は、Intelと協業し、Eee Pad向けのApp Storeも展開していくことを合わせて発表した。

Eee Pad EP101TC。こちらは限定的ながら動作する実機 厚さは12.2mm。デザインはEP121と共通
背面は白地にASUSロゴ 電子書籍向けなど各種アプリも提供していく予定

【動画】Eee Pad EP101TCの動作の様子。ただし、基本的に自動実行されている

 発表会の最後にShih氏が紹介したのが、まだ製品のジャンルも確定していないメモ用端末「Eee Tablet」だ。非常に乱暴な言い方をすると、ペンで操作するポメラ+αといったところだろうか。

 本製品の基本的な用途は、学生や会社員が授業や会議などの内容を筆記でメモすること。表示デバイスは液晶と思われるが、64階調のモノクロで、ペンによる操作が可能。感覚としてはペン入力に対応した電子辞書の液晶に近い。反射型でバックライトは搭載しない。

 この液晶を採用したのは、バッテリ寿命を最大限引き延ばすためと思われるが、その一方で、ページの書き換え時間は約0.1秒と電子ペーパーよりは10倍程度速い。実際に、動作する端末に文字を書いてみたが、これも電子辞書と同じくらいの追随性はあった。

 センサー(デジタイザと思われる)はワコム製で、画面解像度は1,024×768ドット。ペンと画面との摩擦の具合にかなり注力しており、紙と同様の書き心地を実現したとしている。

 ノートを取る際の補助用に、各種罫線を表示する機能を搭載。残したメモにはタグをつけることで、後から検索できる。書くだけじゃなく、表示の面においても、TXTやPDF、そしてEPUBなどにも対応。さらに、内蔵カメラによる写真撮影機能、録音機能、テキスト文書の読み上げ機能なども搭載する。

 このほか、PCとUSBでつないで同期させたり、microSDカード内のコンテンツを表示させることもできる。バッテリ駆動時間は10時間。OSはLinuxベース。

Eee Tablet 本体上部にペンが収納されている 文字を書いてみたところ。写真ではストロボの具合でやや見えにくいが、薄暗い会場において、ひとまず視認性に問題はなかった
ノートを取りやすいよう、罫線や点を表示可能 画面の上下端に各種メニューのアイコンが並ぶ 本体下部には録音ボタンや、USBポートなど

(2010年 5月 31日)

[Reported by 若杉 紀彦]