ニュース

PC用で42.5型の4K液晶がPhilipsから登場

〜価格8万円台。IPSで広視野角、4分割のPinP表示に対応

 Philipsブランドを展開するMMD Singapore Pteは、42.5型という大型サイズのPC用4K液晶ディスプレイ「BDM4350UC/11」を4月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は79,800円(税込86,184円)の見込み。

 TVサイズの大画面に4K(3,840×2,160ドット)の映像を表示でき、視野角の広いIPS方式を採用。ピクチャインピクチャをサポートしており、2画面〜4画面分割の表示を可能とする。映像入力インターフェイスはDisplayPort 1.2とHDMI 2.0などで、リフレッシュレート60Hzで表示可能となっている。USB Hub機能や、7W+7Wのステレオスピーカーも内蔵する。

 主な仕様は、液晶が42.5型非光沢IPS式ディスプレイ、表示色数は約10億7,000万色、最小応答速度は5ms、輝度300cd/平方m、コントラスト比1,200:1、視野角は上下/左右178度。

 インターフェイスは、DisplayPort 1.2×2、HDMI 2.0×2(MHL対応)、ミニD-Sub15ピン、USB 3.0×4、ヘッドフォンなどを装備。

 本体サイズは968×259×630mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約9.72kg。

 付属品として、DisplayPortケーブル、HDMIケーブル、ミニD-Sub15ピンケーブル、USBケーブル、オーディオケーブルなどを同梱する。保証期間はパネルも含めて5年間となる。

側面
背面
斜め

(中村 真司)