ニュース

Windows 10新プレビューで日本語フリック入力が追加

〜久々の大型機能を追加アップデート

フリック操作用の“かな”インターフェイスを実装

 米Microsoftは17日(現地時間)、Windows 10 Insider Previewの「Build 14291」をFast ringでPCとモバイル端末向けに同時リリースした。今回は新機能の追加などが目立ち、日本語入力の利便性を図ったアップデートが含まれたビルドとなっている。

 日本語入力関連のアップデートは2点あり、1つ目としては、“かな”による片手操作用のタッチインターフェイスキーボードが実装された。配置は自由に変更できるので、右手または左手のどちらでも操作しやすいように位置を調整できる。また、インターフェイスのサイズも小さく、デスクトップを広く使えるようになった。2つ目は手書き入力のインターフェイスの改善。これまではブロック内に1文字ずつ書いていく仕様だったが、これがなくなり、入力領域の範囲内で自由に手書き入力できるようになっている。

日本語手書き入力のインターフェイスも改善された

 また、Microsoftは今回のビルドにInsidersから多く要望があったというEdge用の拡張機能を実装。マウスジェスチャ機能の「Mouse Gestures」、音声対応翻訳の「Microsoft Translator」、海外で人気のソーシャル系ブックマークサイトのRedditの利便性を高める「Reddit Enhancement Suite」などが提供された。なお、これらの拡張機能は現状ではPC版でしか利用できない。

 Edgeではこれに加え、開いているページのタブをロックする「タブをピン留めする」機能を追加。タブを右クリックすると同項目が表示される。ピンを付けたタブは常に各タブの先頭位置に寄せられ、ファビコンのみが表示される。また、ピンを付けたタブはEdgeを閉じて再度立ち上げても表示されるようになっている。

 アドレスバー周りにも改良が施されており、アドレスバーを右クリックした際の表示に「Paste and go」を追加した。これにより、クリップボードにコピーしたURLを即座に開けるようになる。また、用語などをコピーした場合は即座にそれについて検索できる「Paste and search」が表示される。

 モバイル版ではEdgeのタブの閉じるボタンのサイズが大きくなっており、操作の確実性が上がっている。

 これら以外のアップデートとしては、マップアプリの全体的な使い勝手の向上、アラーム&クロックのデザイン改善、フィードバックを行なうInsider HubとWindows Feedbackの「Feedback Hub」への統合などが挙げられる。

 バグの修正点については、通知領域に全てのアイコンが常時表示されてしまう問題や、古いWi-FiネットワークでWEPを使用した際に発生するセキュリティ崩壊問題、USBメモリをハードウェアの取り外し用ボタンから取り外した際にアイコンがが古いものになってしまうといった問題が解決された。

 既知の問題としては、Surface Pro 3とSurface Pro 4、そしてSurface Bookで発生するフリーズ、Xbox OneおよびXbox 360コントローラ接続時のフリーズ、カスペルスキーのアンチウイルスソフトのドライババグなどが残されている。

(中村 真司)