ニュース

Samsung、HDDを亡き者にする15TBのSSD

「PM1633a」

 Samsung Electronicsは3日(韓国時間)、世界最大の15.36TBという大容量を実現したエンタープライズ向けSSD「PM1633a」を今年(2016年)後半から提供すると発表した。

 PM1633aは同社の3D NAND技術「V-NAND」を利用したもので、256Gbitダイを16層まで積層し、1パッケージ当たり512GBの容量を実現している。これを2.5インチのフォームファクタに32パッケージ搭載することで15.36TBを達成した。

 PM1633aのランダムリード性能は200,000IOPSで、同ライトは32,000IOPS、シーケンシャルのリード/ライトは1,200MB/secとなる。ランダムリード速度は既存のSAS HDDよりも1,000倍のIOPSを誇るとしている。コントローラはSASインターフェイスによる12Gbbpsの転送速度をサポートし、キャッシュ用として合計16GBのDRAMメモリを搭載する。

 1日当たりどれだけ書き換え可能かを示すDWPD(Drive Write Per Day)については、通常のSATA SSDに対して2〜10倍になるという。

 PM1633aは15.36TBを最大容量とし、このほかにも7.68TB/3.84TB/1.92TB/960GB/480GBのラインナップを用意する。

(中村 真司)