ニュース

NVIDIA、2016年度第4四半期および通期決算を発表

 米NVIDIAは17日(現地時間)、2016年度第4四半期および通期の決算を発表した。

 米国会計基準(GAAP)に基づいた第4四半期の売上高は、前年同期比12%増の14億100万ドル、純利益は同7%増の2億700万ドル、希薄化後の1株あたりの利益は変わらず0.35ドルと、増収増益を記録した。

 通期では、売上高は前年比7%増の50億1千万ドル、純利益は同3%減の6億1,400万ドル、1株あたりの利益は同4%減の1.08ドルで、増収減益となった。

 同年度はPCゲーミング、プロフェッショナルな3Dモデリング、データセンター、自動車関連などの市場で成長したほか、同社は急激な成長を見せている深層学習関連市場と深い関係にあるとしている。

 2017年度第1四半期は売上高として12億6,000万ドルを予想しており、設備投資費用として3,500万〜4,500万ドルを見込んでいる。

(佐藤 岳大)