ニュース

EIZO、24.1型「ColorEdge」シリーズ液晶ディスプレイ2機種

〜印刷用紙と簡単にカラーマッチングできるソフトウェアも同時に提供

ColorEdge CG2420(左)、ColorEdge CS2420(右)

 EIZO株式会社は、カラーマネージメント対応液晶ディスプレイ「ColorEdge CS2420」、「ColorEdge CG2420」を2月25日より発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は108,864円、174,960円。

 CS2420は写真愛好家やイラスト向け、CG2420はプロ写真家やデザイナー、印刷などグラフィックス業務向けの液晶ディスプレイ。共に広色域LEDバックライトとIPSパネルを採用し、Adobe RGBカバー率99%を実現した。

 CG2420では、従来モデルより小型化したキャリブレーションセンサーを内蔵。さらにコントラスト比が1,000:1から1,500:1、輝度が350cd/平方mから400cd/平方mへと従来モデルから拡張され、より引き締まった黒を表示できるとしている。また映像制作を意識し、DCI-P3カバー率98%を保証。前モデル付属品から取り付け/取り外しやすさが改善された遮光フードが標準で付属する。

 両機種ともに筐体左右のベゼルを従来モデル比で39%スリム化。また3ポートのUSB 3.0 Hubを側面に備えることで、利便性を高めた。なお1ポートは急速充電に対応する。

 コントラスト比はCS2420が1,000:1、CG2420が1,500:1で、輝度はCS2420が300cd/平方m、CG2420が400cd/平方m。10bit入力対応で、全階調でムラ補正が適用される。

 そのほかの仕様は共通で、表示色数が約10億7,374万色(10bit入力時)、視野角が上下/左右ともに178度。解像度は1,920×1,200ドット(WUXGA)で、中間色応答速度はCG2420が15ms、CS2420が10ms。

 入力インターフェイスはDisplayPort、DVI-D、HDMI。各ポートともにHDCPに対応。

 サイズは共通で、554.4×245×396〜551mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約7.8kg。スタンドは上35度/下5度、左右344度のスイベル、90度のピボットに対応する。保証期間は5年、または使用時間3万時間以内で、無輝点保証が付属する。

背面にはハンドル、側面にUSB Hubを搭載
ColorEdge CG2420/CS2420

 またCS2420には、液晶画面と印刷写真の色合わせを簡単に行なえるソフトウェア「Quick Color Match」が入ったディスクが付属する。同ソフトは、2月16日よりEIZOのホームページからダウンロードすることも可能。

 EIZOはかねてよりカラーマネージメントソフトウェア「ColorNavigator 6」を提供しているが、同ソフトは自由度が高い反面、設定項目も多く、「難しすぎる」というユーザーの声があった。同社ではそういった声に応えるため、「ディスプレイとプリンタの色を合わせる」ことだけに機能を絞ることで、出来るだけ簡単に扱えるソフトとして「Quick Color Match」の開発に至ったという。

 Quick Color Matchは「ColorEdge」シリーズ専用のソフトウェアで、開発にはアドビシステムズ、エプソン、キヤノンの3社が協力。使用するプリンタと印刷用紙を選択するだけで、Photoshopなどのレタッチソフトにアクセスし、色合わせに必要な設定を自動で一括して行なえる。

 対応OSはWindows 7/8/8.1/10で、Mac OSにはアップデートで対応する予定。

Quick Color Match
簡単に色合わせが可能
プリンタと印刷用紙、印刷したい画像を選択する
自動でPhotoshopが立ち上がるのでレタッチを行なう
校正条件適用済み
プリンタ印刷用ソフトから印刷すれば、レタッチ結果と同じ色で印刷される
写真プリント色合わせツール Quick Color Match

(佐藤 岳大)