ニュース

デル、約38,000円の11型ノート「New Inspiron 11 3000」

〜超省スペースPCの「 Inspiron マイクロデスクトップ」も

「New Inspiron 11 3000」シリーズ

 デル株式会社は9日、11型のエントリーノートPC「New Inspiron 11 3000」シリーズを2機種と、四辺が131mmの小型デスクトップPC「New Inspiron マイクロデスクトップ」を発売した。

New Inspiron 11 3000

 「New Inspiron 11 3000」は、Celeron N3050(1.6GHz)搭載のエントリーモデルと、Pentium N3700(1.6GHz)搭載のエントリー・プラスモデルをラインナップし、税別直販価格は順に34,980円(税込み37,778円)、49,980円(税込み53,978円)。本体色はホワイトとレッドの2色をそれぞれのモデルに用意する。

 小型筐体のため携帯性に優れ、バッテリ駆動時間も最大10時間15分(エントリー・プラスモデルの場合)と、長時間の利用が可能。ディスプレイには非光沢液晶パネルを採用しており、屋外やライト直下などでも良好な視認性を確保する。

 エントリーモデルの主な仕様は、メモリ2GB、eMMC 32GB、11型HD(1,366×768ドット)非光沢液晶ディスプレイ、Windows 10を搭載。一方のエントリー・プラスモデルは、メモリ4GB、SSD 128GBを搭載し、ディスプレイとOSはエントリーモデルと同様。

 インターフェイスは共通で、IEEE 802.11a/b/g/n/ac無線LAN、Bluetooth 4.0、USB 3.0、HDMI出力、microSDカードスロットなどを装備する。

 本体サイズはエントリーモデルが292×196×18.5〜19.9mm(幅×奥行き×高さ)、エントリー・プラスモデルは高さのみ異なり、20.8〜22.2mmとなる。重量は両方とも1.2kg。

正面
本体色ホワイト
本体色レッド

New Inspiron マイクロデスクトップ

「New Inspiron マイクロデスクトップ」

 「New Inspiron マイクロデスクトップ」は、スタンダードモデルの1機種のみを販売し、税別直販価格は42,980円(税込み46,418円)。

 NUCフォームファクタと思しきサイズの筐体を採用し、131×131×52.5mm(同)の小型形状がが特徴。重量も0.59kgと軽量になっている。CPUにはBay Trail世代のCeleron J1800(2.41GHz)を搭載。メモリは4GBのDDR3L-1600を、ストレージは500GBのHDDを実装し、容易にアップグレード可能としている。

 OSはWindows 10で、IEEE 802.11ac無線LANをサポート。このほか、Gigabit Ethernet、Bluetooth 4.0などを備える。

正面
斜め
利用イメージ

(中村 真司)