ニュース

エプソン、4万円台からのCeleron/SSD搭載14型ノートPC

Endeavor Sシリーズ NY2500S

 エプソンダイレクト株式会社は、「Endeavor Sシリーズ NY2500S バリューモデル」を2月9日より発売する。税別価格は38,400円。

 2015年12月に発売開始した「Endeavor Sシリーズ NY2500S スタンダードモデル」をベースに、一部仕様を変更することで3万円台を実現したバリューモデル。

 主な仕様は、Celeron 3855U(2コア、1.6GHz)、DDR3L-1600メモリ2GB、64GB SSD、14型HD(1,366×768ドット)非光沢ディスプレイ、OSにWindows 10 Homeを搭載。

 インターフェイスはスタンダートモデルと共通で、USB 3.0×2、USB 2.0、SDカードスロット、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、IEEE 802.11a/b/g/n/ac無線LAN、Bluetooth 4.0、Gigabit Ethernet、Webカメラ、音声入出力などを装備。

 バッテリはリチウムイオン、容量は2,250mAhで、駆動時間(JEITA2.0)は約5.1時間。本体サイズは約339×240×19〜33mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約1.7kg。

 また本製品の発売と同時に、Endeavor Sシリーズ NY2500S スタンダードモデルについても、CPUの選択オプションにCore i5-6200Uに加えてCeleron 3885Uを追加したことで、最小構成時の税別価格が68,000円から49,000円となり、より安価な構成が選択可能となっている。

(佐藤 岳大)