ニュース

マウス、リード500MB/secのSSDを搭載した4万円切りの15.6型ノート

〜TVCM公開記念モデルを限定1万台で販売

m-Book B500E

 株式会社マウスコピンューターは、4コアのCeleron N3150(1.6GHz、ビデオ機能内蔵)とリード500MB/secのSSDを搭載した15.6型ノートPC「m-Book B500E」を発売した。価格は39,800円。

 TVCM公開を記念した特別モデルで、限定1万台の販売。22.8mmの薄型筐体を採用するほか、液晶パネルを開くと本体後部が約4.8mm浮き上がるリフトアップ機構を採用。キーボードはピッチ19mm/ストローク1.5mmを確保しており、操作感を向上させたという。

 また、付属ACアダプタの重量を約150gに抑え、標準のACケーブルに加え20cmのカスタム電源ケーブルも付属。持ち運びも可能としている。

 主な仕様は、CPUにCeleron N3150、メモリ4GB、120GB SSD、1,366×768ドット表示対応15.6型ワイド液晶ディスプレイ、OSにWindows 10 Homeを搭載する。Office Home and Business Premium プラス Office 365サービス付属モデルも用意され、価格は59,800円。

 インターフェイスは、SDカードリーダ、USB 3.0×2、USB 2.0×2、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0+LE、100万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。

 バッテリはリチウムイオンで、駆動時間は約5.4時間。本体サイズは約377×259×22.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.2kg。

(劉 尭)