ニュース

富士通、LTE対応の12.5型2in1など法人向けPC 11機種

 富士通株式会社は、2in1やノートPC、デスクトップPCを含む、法人向けPC 11機種を1月下旬より順次発売する。価格は全てオープンプライス。

ARROWS Tab R726/M

 「ARROWS Tab R726/M」、「ARROWS Tab Q736/M」は、それぞれ12.5型、13.3型液晶搭載の2in1。税別価格はそれぞれ147,300円、187,300円。発売予定日はともに3月中旬。

 R726/Mは、12.5型フルHD(1,920×1,080ドット)液晶搭載の2in1。マグネット式の脱着可能なキーボードが付属し、装着時で厚さ14.7mm、重量約1.25kgの薄型軽量設計が特徴。本体にスタンドを備えるほか、アクティブぺンによる入力に対応する。

 主な仕様は一般向けの「RH77/X」と共通だが、CPUがCore i7-6600U(2.6GHz)/Core i5-6300U(2.4GHz)/Core i3-6100U(2.3GHz)から選択可能なほか、OSにWindows 10 Proを搭載する。また、ドコモLTE対応のWANモジュール搭載モデルも提供される。

 そのほかの仕様は、LPDDR3-1600メモリ4GB(i7モデルのみ8GB)、128GB SSD(オプションで256GBも選択可)を搭載。

 インターフェイスは、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、microSDカードスロット、USB 3.0、Mini DisplayPort出力、前面200万画素/背面500万画素Webカメラ、音声入出力を備える。オプションの拡張クレードルを利用すれば、HDMI出力/DisplayPort/ミニD-Sub15ピン/USB 3.0×2/Gigabit Ethernetを増設できる。

 本体サイズは319×201.3×9.5mm(幅×奥行き×高さ)。

 Q736/Mは、13.3型フルHD液晶搭載の2in1。標準で指紋センサーを搭載するほか、オプションで手のひら静脈センサー/NFC/スマートカードの搭載や、2,048段階筆圧検知対応の電磁誘導方式ペン入力に対応する。またドコモLTE対応のWANモジュール搭載モデルも提供される。

 主な仕様は、Core i5-6300U(オプションでCore i7-6600U選択可能)、LPDDR3-1600メモリ4GB(同8GB)、128GB SSD(同256GB)、OSにWindows 10 Proを搭載。

 インターフェイスは、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、microSDカードスロット、USB 3.0、USB 2.0、Micro HDMI、前面200万画素/背面500万画素Webカメラ、音声入出力を備える。

 オプションの拡張クレードルを利用すれば、HDMI出力/ミニD-Sub15ピン/USB 3.0×3/Gigabit Ethernetを、キーボードドッキングステーションを利用すれば、HDMI出力/ミニD-Sub15ピン/USB 3.0×3/Gigabit Ethernetを増設できる。

 バッテリ駆動時間(JEITA 2.0)は約9.1時間。本体サイズは317×208×12.7mm(同)で、重量は約990g。

ARROWS Tab Q736/M

 ノートPCでは、13.3型液晶搭載のモバイルノートPC「LIFEBOOK S936/M」が1月下旬より発売される。税別価格は277,500円。

 200kgfの天板加圧試験をクリアする堅牢設計が特徴で、主な仕様は、13.3型フルHD(オプションで2,560×1,440ドット選択可能)液晶、Core i5-6300U/Celeron 3955U(2GHz)、4GBメモリ(同最大12GB)、320GB HDD、OSにWindows 10 Proを搭載する。

 標準仕様のインターフェイスは、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN(LTEモデルのみ)、SDカードスロット、USB 3.0×3、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、92万画素Webカメラ、音声入出力を備える。

 バッテリ駆動時間(同)は約3.7時間(大容量バッテリ搭載時約11.6時間)。サイズは315.8×214×11.0〜19.8mm(同)で、重量は1.21kg(標準バッテリ時)。

 そのほか、1月中旬より、CPUがCore i5-6300へ、OSがWindows 10 Proへ更新された、「LIFEBOOK E」シリーズの15.6型ノート「E756/M」が税別店頭予想価格269,200円、14型ノート「E746/M」が同303,700円、13.3型ノート「E736/M」が同260,600円、15.6型ノート「E556/M」が同231,000円、14型ノート「E546/M」が同272,800円、2月中旬より、OSがWindows 10 Proへ更新された14型ノート「U745/M」が同326,300円で発売される。

S936/M
LIFEBOOK Eシリーズ

 デスクトップPCでは、CPUが第6世代Coreプロセッサ、OSがWindows 10 Proへ更新された、液晶一体型PCの「ESPRIMO K556/M」が2月上旬より店頭予想価格270,800円で発売されるほか、Skylakeアーキテクチャ採用のXeon E3を搭載した長期サポートのロングライフPC「ESPRIMO J529/FA」が2月下旬より同482,100円で発売予定。

ESPRIMO K556/M
ESPRIMO J529/FA

(佐藤 岳大)